橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

【世界初】電磁力と重力を統一しました

電磁力と重力。

あなたは、それらがどちらもまったく同じものだと想像できますか?

アインシュタイン博士は、両者は絶対に同じ力であるとの強固な信念のもとに、生涯に亘って、それらを同一の枠組みの中で説明しようと、理論化を試みてきました。

彼だけではなく、科学に携わる他の多くの研究者たちにとっても、それへの取り組みは、まさに夢の大事業でした。

そして困難を極める挑戦だともいえました。

たしかに、その仕事は簡単には成し遂げられる性質のものではありませんでした。

しかし、それから100年の時を経て、私・橋本順一が、彼の遺志を受け継ぎ、独自に研究を重ね、ついに今回、2つの力を統一することに成功しました。

じつは、この成果はすでに4年前に、論文にまとめて発表しておりました(このブログでも何度かご紹介しました)。

理論自体は、その時点でもう完成していたのだけれど、実際の計算における変数選びが現在のものと若干違っていたのと、また、単位をつける際の接頭語(SI単位系)の設定も、最新のものとやや異なっていたという、そのような経緯から、今日、改めて、ここで、一通り、もういちど、論述してみようと思うに至りました。

いずれ、近いうちに、新たな論文を書いて、海外の学術誌に、正式に、投稿するつもりでいます。なんだかよく判らないけれど、私、かつて、物理学の分野では世界一の権威ともいわれているアメリカの物理学専門誌『Fysical Review Letters』の編集長さんから直々にメールを頂き、lnstitution を教えてほしい、みたいなことをいきなり訊かれたんですけれどもね。そういったご縁も含め、そちらへ新規で投稿してみるのもいいのではないかと、いまは考えております。あとでまた、じっくりと検討しますけれどね、投稿先についてはね。

 

 

さて、それでは、本題のほうへ移って参りましょう。

 

まず、電磁力と重力を計算して比べなければならないのだけれど、とりあえず、そのための題材選びから、始めましょうか。

 

いろいろ想定できますけれど、私、“シンプルなもの”が好きなので、水素原子*1、いってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

水素原子内の、陽子と電子の間に働く電磁力。

水素原子内の、陽子と電子の間に働く重力。

 

 

 

 

 

 

 

それらの値を計算で導き出し、比較して、両者が同一のものであることを明らかにします。

 

 

 

 

 

 

その前に、学者や学生がそれらを算出しようとするときにほぼ全員が使うであろう方程式について、チェックしてみたいと思います。

電磁力に関しては、彼らは皆、クーロンの法則をもとにして計算するにちがいありません。

以下の式がそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F= k ×(Q₁× Q₂)÷ r²[N] 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですね。

式の意味は、次のような感じです。

 

2個の点電荷(Q₁・Q₂)の間に働く電気力(F)は、距離の2乗(r²)に反比例する。

 

いわゆる“逆2乗則”ってやつですね。

では、用語の解説をします。

「k」は比例定数で、値はおよそ9000000000、  「Q₁」は陽子の電荷で、値は1.6×10^−19(単位は[クーロン])、「Q₂」は電子の電荷で、値は−1.6×10^−19(単位は[クーロン])、「r²」は陽子と電子の間の距離を2乗したもの、「N」はニュートンで、力の度合いを示す単位です。

「Q₂」の値は「−」の符号が付いていますけれど、これは解を出したときに引力、斥力、いずれの力なのかを区別できるようにするためのもので、それが付いていることにより、引力だと判るようになっています。両者が異符号のもの同士なら引力、同符号のもの同士なら反発力(斥力)を表わしているからです。とはいえ、誤解を避けるため、計算する際に便宜上、取り除いて記述することにします。

 

ところで、陽子・電子間の距離の値をどう把握したらよいでしょう?

古典量子力学では、デンマーク理論物理学ニールス・ボーア博士が導いた「ボーア半径」なるものが、水素原子の半径に相当する、と考えられています。その値は、r =5.31×10^−11[m]とされています。

一応、それに基づいて計算していきたいと思います。

 

先述の式にそれらの数値を入れてみましょう。次のようなかたちでプロセスが与えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F= k ×(Q₁× Q₂)÷ r²[N]

   = 9000000000×{(1.6×10^−19)×(1.6×10^−19)}÷  (5.31×10^−11)²

    8.17134285×10^−8[N]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上のような感じです。 

物理の道に進んだ専門家ならば、これは多くの人にとってお馴染みの値なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

では、それを踏まえたうえで、次に、私が創始した万物理論(関係性物理学)に従って、水素原子内の陽子・電子間に働く電磁力を計算してみたいと思います。

次のような式を用いて、解を出します。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F= 1÷(2rc²)[N] (単位はニュートン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですね。

用語の解説からいきます。

「F」は陽子・電子間に働く電磁力の大きさを、 「r」はそれらの間の距離を、「c」は光速を、そして「N」は力の度合いを示す単位で、「ニュートン」を、それぞれ表わしています。

なぜそのようなかたちが導かれたかという詳細については、こちらをご参照ください⇩。 

hirameking.hatenablog.com

 

 

では、式に具体的な数値を入れていきましょう。

「c」は光速なので、値は299792458[m/s]です。

 

「r」については、何をあて該めればいいでしょうか?

じつは、力の統一理論を完成させるうえでは、ここが最大の勝負どころとなります。  

私に舞い降りた天啓ともいうべきアクロバティックなアイデアに関して、前回と今回とで一番違うのが、この部分なのです。

それは、さらに別の式に或る変数を入れることによって導きうる数値です。

「或る変数」とは一体、何か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽の自転速度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽がなぜ、関係しているのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水素原子で出来ている天体だからです。 

太陽を構成する物質の90%は水素原子です(残りの10%がヘリウムです)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いってみれば、太陽とは“大きな水素”なのですね。 

 

 

逆にいうと、水素とは“小さな太陽”だと見なすことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽の特徴は水素原子の性質に依存し、水素原子の特徴は太陽の性質に依存する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうした、個性のヒエラルキー的現われが、この広い宇宙において見てとれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ミクロ世界」と「マクロ世界」は、調和している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然というものは、だからこそ、この上なく美しいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

量子力学は、「ミクロ」と「マクロ」のそうした関連を分断する考え方に立っています。

両者を別々の枠組みで取り扱おうとするものだからです。

 

そういった事情からか、量子力学による統一理論は行き詰まりを見せています。

 

 

 

 

 

 

今回、私がそれを完成させることができたのは、そのような自然の調和の構造を、うまく自分の理論の中に取り込めたからだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それでは、私の万物理論における、質量と距離と速さの関係を扱った式を見ていただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m= 8r³cv [ng](単位はナノグラム) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを変形したうえで、数値を代入します。

この点、「m」は質量を表わし、水素原子の場合、その値は1.674×10^−18[ng]です。

太陽の自転速度の導き方については、こちら⇩をご参照ください。

 

hirameking.hatenablog.com

 

値は、v = 2213.279846 [m/s]です。

入れていきましょう。

次のようなかたちになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

r³= m÷8cv [m³]

     (1.674 ×10^−18)÷(8×299792458×2213.279846)

    = 3.15361327×10^−31[m³] 

    

 

r= 6.80669271×10^−11[m] 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですね。

ボーア半径より、やや大きい値が、出ました。 

 

 

それでは、先述したわが万物理論における電磁力を導く式に、各数値を入れてみましょう。

次のようなかたちで、計算プロセスが与えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F= 1÷{2×0.0000000000680669271×(299792458)²} 

  

 

  = 8.17321×10^−8[N]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですね。

クーロンの法則から導いた解と、見事に一致しました。

 

 

 

 

一致するのです。

 

 

解だけが。

 

 

 

古典電磁気学では、電荷を帯びた粒子が電場の中を公転運動(すなわち加速運動)すると、サイクロトロン放射と呼ばれるエネルギー放出をおこなうので、電子は徐々に勢いを失っていき、核子に引き寄せられていって、やがて衝突して潰れてしまうことになる、としています。

ただ、そのロジックだと、原子が安定して存在していられるという、この世の事実を説明できません。

ニールス・ボーア博士は、そうした問題を解消するために、電子が陽子の周囲を回り続けても電磁波を放出しない構造を考案しました。そこには幾つかの条件が求められました。

そうした要件の中から、電子が陽子との間で取りうる最短距離が、定められました。

それが、「ボーア半径」でした。

 

そう聞くと、一見、もっともらしい理屈のようにも思えます。

しかし、電磁気学は、近接作用という、論理的に脆い基本理念に立っているがゆえの、怪しさも抱えている気が、私にはするのです。

つまり、近接説は、スタートから、すでに躓いているのです。 

ニュートンやクーロンは、力は距離の2乗に反比例するという“逆2乗則”をなぜか盲信し、それを自身の理論の中に組み込むことに腐心していました。 

 

でも、自然って、そうなっていないんですよね。

 

彼らは、それゆえ、辻褄合わせをするための、比例定数なるものを、式の中に無理矢理、捩じ込まなければなりませんでした。

 

 

クーロンの法則は、そのお蔭で、助かっているのです。

解が一応、出ますから。

 

 

というより、出せるように操作した、いじった、 っていうのが真相でしょうけど。

 

 

 

ズルくね?(笑)。

 

 

 

ミステリー小説に喩えるなら、事件の謎を解く鍵を握る人物が、最後のほうでいきなり登場してきて、犯人から凶器から動機から、何から何まで、全部言っちゃう、みたいな(笑)。

じゃあ今まで積み上げてきた流れは何だったんだ、っていう(笑)。

 

 

最後の調整でなんとでもなっちまうじゃねーか、っていうね(笑)。

 

 

 

 

 

 

比例定数(クーロン定数、万有引力定数など)も、それと同様でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

答えと一致させられるようにするための、帳尻合わせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理論とデータが合わなければ、全体を貫く当初の精神そっちのけで、体裁だけが合うように式をいじっちゃう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズルくね?(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真の理論家は、もっとカッコいいはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卑怯な真似は、一切、しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然のメカニズムに、小細工無しで、真正面から向き合う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 単純明解な、美しい原理を追究する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、勝利の女神が微笑んでくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、真実を発見できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後述しますけれど、わが万物理論で重力を算出した場合も、同じ解になります。しかし、古典物理学ニュートンの重力理論)で計算すると、電磁力と比べて40桁も違う解になってしまいます。

 

ということは、わが万物理論は正しく、古典物理学(とりわけニュートンの重力理論)は誤りだとみなしうる、ということになります。

 

電磁気学は、解を出せるだけまだ、まし。 

 

ボーア博士の凄いところは、完全とはいえない電磁気学を土台にして、ボーア半径やボーアの原子模型などといった初期の量子力学モデルを打ち立てた点でしょう。

 

 

 

類い稀なる、優れた理論家だと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

ただ惜しむらくは、自然の実像が、近接作用ではなく遠隔作用で成り立っていることに気付けなかった点です。

 

近接説に立つから、物理学者たちは、サイクロトロン放射だの波動関数だのといった、作為的な、テクニカルな工夫をしなきゃならない羽目になり、余計な仕事が増えちゃうんですよ。

 

式の中に訳の判らぬ比例定数を組み込む必要など、本来は、無いのです。

 

 

遠隔説に立てば、すべてが簡略化されます。

自然現象を、幅広く、無理なく、たった1つの枠組みだけで、説明できるようになります。 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、そうした思考の飛躍は、時代がくだって、橋本順一くんの関係性物理学が登場するのを待たなければならなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、歴史が動きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物理学の歴史の、大きな転換点を迎えることになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳を澄ませて、その足音を聴いてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、それでは、水素原子内の、陽子・電子間に働く重力を計算していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

この場合も、多くの人が、古典物理学ニュートン力学)を使って計算しようとするはずです。

 

ただ、先述しましたけれど、それを行なうと40桁も違う解が出てしまいます。電磁力と比べてね。

 

学者たちは、「重力は微弱な力だ。」で済ませちゃっていますけれど、ここにも、自然の成り立ちに対する、近接説に基づく誤解が看て取れます。

有名なエピソードが残っていますよね。

リンゴの果実が木の枝から地面へと落下するのを見て、ニュートン万有引力の法則を思いついた、という。

もともと、その法則を確立するときに、彼が想定していたのは、「運動」です。物体のね。

だから、すべての物と物との間には引力が働くのだとすると、当然、地球と月の間にもそれが作用するはずで、理論的には、月は地球に向かって落ちてくることになります。「落下運動」ですよね。でも、現実はそうじゃありません。とすれば、それに拮抗する別の力(ここでは慣性力)が働いて落下を阻止しているのだろう、との考え方に帰着していくことになります。

「運動」が「運動」を打ち消すイメージですね。

そうなってきますとね、天体の運行を観察すると、スピードが速い(=力が大きい)ことが判ります。

天体のような質量の大きい物体同士ならば、その間に働く力も大きいものになっていなければならない。したがって、重力の大きさは質量の大きさに比例する。

古い、伝統的な、力についての描像は、そうした発想から派生してきたのではないでしょうか。

 

 

これぞ、“The運動モデル” って感じですね。

 

 

重力は質量に比例すると見なされるので、微小世界における原子レベル、素粒子レベルの物体同士が相互作用を及ぼすとき、その値は微弱なものとなる、と考えるわけです。 

 

 

 

電磁力より40桁も小さくなるのは、そのためです。 

40倍の小ささ、じゃないですよ。

「0」が40個並ぶ、ってことです。

「無い」といって差し支えありません。

それでいいわけです。 

 

 

 

原子模型は、電磁力のお蔭で、崩壊したりはしませんから。

 

 

 

 

 

 

ニュートン力学は、私たちの暮らす日常的な場面における物理現象に適用するだけなら、不都合はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いま、ここで取り上げたいのは、あくまで、「運動モデル」から「関係性モデル」へと、物理学が刷新される時代が来た、という話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人類は、より真理に忠実で、より優れた枠組みを生み出すに至ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わが万物理論という、ね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この理論は、「関係性モデル」の考え方に立っています。 

 

力、エネルギーというものは、物体と物体との間を結ぶ「関係性」だと捉えています。 

 

 

「運動」じゃあないんですよ。

 

 

地球と月。陽子と電子。

何かと何かが、くっつかないというとき、それは、力が力を打ち消しているのではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとそういう関係なのです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

判ります? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

磁石の同極どうしを近づけると、反発し合いますけれど、それ、「斥力」という力が働いたんじゃないんですよ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「無関係」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両者の間が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くっつくような関係ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、くっつかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと、その場は、言ってみれば「無関係空間」になっていて、そこに強引に、人が物体を押し込もうとすると、その力が、両者をくっつける力ではなく、それらを引き離すエネルギーになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、一見、「斥力」が発生したかのようにみえるだけなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「無関係性」を「関係性」へと変える能力は、人間には無い。

 

「無関係」は「無関係」のままなのです、ずっとね。

 

 

 

 

「無関係性」を「関係性」へと変えられる存在がもしいるのだとしたら、それは神様だけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、神様ではありません。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまでの万能の力を持っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちに出来るのは、神様が造り出した自然の仕組みを、(可能な限り)忠実に解き明かし、それに従うことだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうした営為は、楽しいし、やり甲斐に満ちていて、幸せな気持ちをもたらしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球と月の間を規律しているのも、陽子・電子間を規律しているのも、「関係性」です。

私が今日ここで 説明したいのは、電磁力も重力も、どちらも「関係性」だといいうるので、それゆえ、両者を統一できるのだということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

計算に使用する式は異なりますけれど、出てくる答えは、一緒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、みていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わが万物理論で水素原子内の陽子・電子間に働く重力を算出するときは、次のような式を用います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F= 4r²÷mn[nN] (単位はナノニュートン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですね。

「F」は重力を、「r」は距離(半径)を、「m」は質量を、「n」は当事者数を、それぞれ示し、「nN」は力の度合いを表わす単位で、「ナノニュートン」を指してます。

質量に関しては、単位を[kg]に直して扱います。値は、m = 1.674×10^−27[kg]となります。

 

「当事者数」というのは、この自然界を構成するメンバー数のことを意味しています。

ここでは、太陽の個性をもとにした数値を使いたいので、その自転速度を材料にします。

算出方法は、次のような式に従っています。

 

 

 

 

 

 

 

n= c÷v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この式を解きます。

「c」は光速で、値は、c=299792458[m/s]です。

「v」は太陽の自転速度で、値は、v=2213.279846[m/s]です。

計算します。以下の値が与えられます。

 

 

 

 

 

 

n= 135451.673

 

 

 

 

 

 

 

 

では、重力を求めるための式に、各数値を入れていきたいと思います。

次のようなかたちで計算プロセスが示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F= {4×(6.80669271×10^−11)²}÷{(1.674×10^−27)×135451.673}

  = 81.7321[nN]

 

  = 8.17321×10^−8[N]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出ましたね。

電磁力の値と、完全に、一致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界初。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

力の統一、ついに実現。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新時代の、到来です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、この理論は、物理学だけでなく、他の様々な分野に応用されていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい広がりをみせていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、産まれたばかりの赤ん坊のような学問ですけれど、今後、いろいろな人たちがこれをベースにしてブラッシュ・アップに励んでくださり、産業や科学技術のさらなる発展へと繋げてくださるなら、創始者の私としては、それは無上の喜びです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンやスマホ、家電品などに組み込まれている電子回路を動かすためのプログラムは、現在、シュレーディンガー方程式に従っているんですけれど、ゆくゆくは、わが万物理論の式がそこに用いられるようになっていくでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、世界じゅうの子どもたちが、学校の理科の授業で、この理論を習うようになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで、期末テストとかで、それに関する問題が、出題される(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校入試とか(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、そうなってくれたら嬉しい、という話なんですけど、そうなるはずだと、私は信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらなる成長を目指して、頑張ってまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 🍎 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、ニュートン万有引力の法則を閃いたときの逸話って、すごくオシャレですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じつは、関係性物理学(万物理論)の基礎となる最初の着想を得たのって、橋本順一くんが30代に入った頃だったのですけれど、その際のエピソード、めちゃめちゃオシャレですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュートンにひけをとりませんもん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の東京。

 

誰もいない、いつもの散歩道。

 

日課の散歩をしていると、100mくらい前方に、こちらへ向かって歩いてくる美少女がひとり。

 

 

目が合うと、彼女は、遠くで、どぎまぎしてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、遠隔作用。みたいな(笑)。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、閃きのきっかけでした(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オシャレでしょう~(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンゴのエピソードも、同じくらいオシャレですけどね 🍎。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:この世に存在する最も軽い元素。中心に位置する原子核たる陽子1個とその周囲を回る電子1個とで、構成されています。同位体については、ここでは触れません。

物理を語る「言語」はいっぱい存在する

人間が互いにメッセージを伝え合う手段は、いくつも存在します。

「言語」はその代表格のものですけれど、伝達方法はそれだけにとどまりません。ジェスチャー、顔ぶり、以心伝心など、他にもたくさん想定し得ます。

 

我々日本人は日本語を喋りますけれど、英語圏の人は英語を喋るし、フランス人はフランス語を、スペイン人はスペイン語を、中国人は北京語と広東語を、それぞれ喋ります。

 

 

 

どれか特定の言語だけが唯一絶対の「言語」というわけではありません。

 

 

 

それと同様に、自然の仕組みを解き明かし、他者や後世の人たちにそれを伝え、残すためのツールも、複数、想定し得るのです。

物理学、化学、生物学などのハード・サイエンスもそうだし、美術や文学、音楽などのカルチャー系の学術も、広い意味ではそうだと思います。

 

 

物理学は、数学を用いて記述しますけれど、べつに、用いたくなければ用いなくてもいいでしょう。文章を使って説明ができるのであれば、本来、それでも問題ないはずです。

また、現代物理学は、ニュートン、ファラデー、マクスウェル、アインシュタインといった学者たちが築き上げてきた、伝統的な、近接説の考え方が、本流となっています。

それもひとつの方法論です。

物理を語るうえでの「言語」です。

でも、「言語」はひとつだけではありません。

 

 

 

 

複数、存在し得るのです。

 

 

 

 

遠隔説に立つわが万物理論は、この世の物理現象を判りやすく説明するための、新しい「言語」です。

 

私が新たに提示する、画期的な方法論です。

 

 

 

 

 

 

 

 

科学は、自然現象や実験データと合致し、かつ論理的・体系的に矛盾が無いなら、どんな方法を採ったっていいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを今後、じっくり、世界に向けて、アピールしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百聞は一見に如かず、です、具体例、いってみましょう。

 

 

 

 

 子供の頃、学校の理科(算数かな?)の授業で、次のような原則を習いましたよね。

 

 

 

 

 

 

「距離」=「速さ」×「時間」

 

 

 

 

 

 

 これです。

「距離」と「速さ」と「時間」の関係を表わした式ですね。

 

 

 

 

r= vt

 

 

 

 

 

こちらの形で表記されることが、一般的だと思います。

 

さて、これを用いて計算するための題材選びを、どうしましょうか?

 

········そうですねぇ、地球から遠く離れた小惑星帯をややいびつな円軌道を描いて回っている、小惑星リュウグウ、、、それと地球との間の距離。

これにしましょう。

 

JAXAはやぶさ2プロジェクトにおけるスタッフのかたがおっしゃるところによると、地球上の管制室がリュウグウ上空にいる探査機と交信するために要する時間は、およそ18分間(=1080[s] )だそうです。   

交信に用いる電波の伝播速度は、電磁波なので、299792458[m/s]です。

これらの数値を、上記の式に当て該めて、計算してみましょう。次のようなかたちでプロセスが与えられます。  

 

 

 

 

 

 

 

r= 299792458×1080    

 = 323775854640[m]

 

 

 

 

 

 

 

 

およそ3億2千万キロメートルという値になりました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、次に、地球・リュウグウ間の距離を、わが万物理論で計算してみたいと思います。

 

わが理論では、この宇宙・自然界の構成員を「当事者」と呼び、その値を「n」で表わします。

そして、それら相互の間に生じる「エネルギー」の源を、各当事者に備わる「個性」に見出だしています。その値は「i」で表わされます。

「エネルギー」は、「個性」と「個性」が織り成す「関係性」であると捉えるのが、わが万物理論です。別名『関係性物理学』と呼ばれる所以です。

 

詳しくは論文もしくは過去記事を参照していただくことにして、早速、計算に移りたいと思います。

以下の式を使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

i= 1÷nv[H]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですね。

用語の解説をさせていただきます。

「i」は「個性」を、「n」は「当事者数」を、「v」は「速さ」を、それぞれ表わしています。

そして、「H」は個性の度合いを示す単位で、「ハシモト」と言い表わされます。「ニュートン」や「ヘルツ」、「ワット」といった、発見者や理論を産み出した人物の名前が単位名になっているように、「個性」について扱う単位も、考案者の名前をとって、「ハシモト」という姓名が宛てられているのです。

宛てたのは私ですけどね。

 

当て該める具体的な数値を見てみましょう。

ここに関与している「当事者」を考えてみると、それは電波をやり取りしている「はやぶさ2」と「地球管制室」の二者であることが判ります。ゆえに、その値は「n=2」と評されることになります。

通信速度は、「v=299792458」とします。

それでは、計算してみましょう。次のようなかたちでプロセスが与えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

i= 1÷(2×299792458)

= 0.000000001667820476[H] 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、ここに関わる「当事者」たちに備わる「個性」の値です。

それが明らかになったところで、今度は、上述の式を、距離が出せるように変形すべく、子供の頃に学校で習った距離についての基本式「r=vt 」を、そこへ代入します。次のようなかたちで表わされることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

r= t÷ni[m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですね。

では、具体的な数値を入れていきましょう。次のようなかたちで計算プロセスが与えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

r=1080÷(2×0.000000001667820476) 

 = 323775854638.21[m]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上になります。

子供の頃に学んだ式から導いた値と一致しましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで私が言いたかったこと。

 

それは、やり方はいくつも存在するということ。

 

そして、わが万物理論が、きちんと有効に機能することが判明した、という事実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の様々なフィールドでも、これから、この理論を役立たせていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己犠牲は愛か

前回のブログで、私オリジナルの物理学理論(万物理論)を下敷きにした「愛」についての考え方を述べました。

それは、簡潔に纏めると、「愛」とは「個性」と「個性」が織り成す「関係性」である、というものでした。

従いまして、それを数式化するなら、次のようなかたちで表わされることになります。

 

 

 

 

 

「愛」=「個性 ²」

 

 

 

 

 

 

これですね。

「愛」は2つの「個性」が組み合わされた結果産まれるものである、ということを表わしています。

男女間における性愛は、それの典型です。

 

 

 

さて、そう考えますとね。

「愛」の大きさや中身は、二人の「個性」を混合・統合した性質に依存しているので、それがお互い納得しやすいかたちに収束していくためには、両者間の量的・質的な面でのバランスがはかられなければなりません。

 

 

つまり、釣り合いが大事になってくる、ということです。

 

 

 

万が一、「個性」が釣り合っていないと、それの大きい側と小さい側とで、差が生じたことになってしまいます。

その結果、掛け合わせたとしても、それの大きい側が、物足りなさを感じてしまうことになるのです。

 

だから、なにかと弊害が出てくることになります。

 

 

問題は、そこから先です。

弊害があっても、両者が納得のいくレベルであるなら、とくに不都合は無いでしょう。

しかし、どちらか一方または双方が、負担を感じながらもどこかしら我慢している、という場合は、そこにはなんらかの「自己犠牲」が伴っていると考えられます。

 

具体的にはいろいろ想定されうるでしょうけれど、たとえば、どちらかが著しく低レベルで相手が不本意ながらもその水準に付き合い続けてあげている、というのも「自己犠牲」でしょうし、どちらかが暴走して理不尽な振舞いをやりたい放題やりまくって相手がひたすらその尻拭いをし続ける、というのもまた、「自己犠牲」だといえましょう。

 

 

 

それって、バランス、悪いですよね。

 

 

 

 

よく、無償の愛だとか、無条件の愛といったものが、持て囃されることが見受けられますよね。世間でね。

どんなに相手が自分に対して酷い仕打ちをしてきたとしても、それを許しすべて受け入れるが本当の愛なんだ、と。

相手の良い部分も醜い部分もすべて好きになるのが本当の愛なんだ、と。

 

 

 

たしかに、人生において、自分の生命、身体、自由、財産、地位、名誉、プライバシーなどを顧みずに、相手のために尽くさなければならない場面も、なくはないです。

それが必要でないとは言いません。

でも、そういうのって、「愛」というタームを、両者間の不釣り合いを是正するためのエクスキューズにしすぎているような気がします。

ずっとコンスタントに求められ続けるわけではなく、要所要所で、たまに、求められる程度のものだと、捉えておけば十分でしょう。その、“顧みない系”のやつはね。

 

 

 

 

 

どちらか一方の「自己犠牲」のもとに辛うじて成り立っている男女関係は、本当の「愛」ではありません。

相手の一方的な都合に振り回されながらも、まるで奴隷のように、それに歩調を合わせ、ひたすら服従し続ける関係。それはまったく、楽しくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「愛」は基本的に、楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、楽しくなるまで努力することで、自分を成長させる醍醐味を教えてくれるのが、「愛」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両者間の「個性」が釣り合っていれば、「愛」は楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「愛」とはバランスだからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理論上はね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛と蜂

アナフィラキシーという自己免疫疾患があります。

ミツバチやアシナガバチスズメバチなどに刺された場合、体内に侵入した蜂毒に対して、免疫機構が働いて抗体を作ります。

すると、万が一、蜂に再び刺されるような事態になると、その抗体が過剰に作用してアレルギー反応を惹き起こし、酷い場合は、ショック死に至らしめることもあります。

一度作られた抗体は、消えずに体内に残存し続けます。

“蜂は二度目が危ない”といわれている所以です*1

 

私の学生時代の友人は、一度スズメバチに刺された経験があって、

 

 

 

「リーチがかかっているんだ。」

 

 

 

と言って、蜂の姿を見るたびに、よく逃げ回っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ところでね。

3年ほど前に、このブログで、『愛の公式』というタイトルの記事を書いたんですけれどもね。

3年経ってみたら、当時、そこで述べたことと、ちょっと考えが改まりまして、それを今日ここでご紹介したいと思います。

新しい「愛の公式」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「愛」=「試練」×「努力」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですね。

愛は試練と努力を掛け合わせた値に等しい、ということになります。

「禍福はあざなえる縄の如し。」とか「災い転じて福となす。」といった考え方と、大体同じような意味ですね。

 

この式を、変形してみます。

次のようなかたちになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「試練」=「愛」÷「努力」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じですね。

試練は、愛の大きさに比例し、努力の大きさに反比例する。

このような意味になります。

 

私たちは、日々を生きているなかで、様々な試練に見舞われます。それは、残念ながら、避けることができません。

式を見ると判るように、試練と愛は比例するので、わが身に降りかかる試練が大きければ大きいほど、与えられる愛の度合いは大きくなることになります。

 

そしてですね、私が書いた物理学の論文の中で、エネルギーに関する考え方を述べているんですけれど、その本質をご紹介しますとね。

「エネルギー」とは「個性」と「個性」が織り成す「関係性」のことを指しています。

そう考えますとね、男女間に生まれる「愛」というものも、2つの「個性」が組み合わされることで生じてくる「関係性」だといえるので、それは「エネルギー」と同視できるものだということになりましょう。

私の理論の中では、「エネルギー」は「E= i²」というかたちで記述されます。

したがって、言葉を使った式で表わすなら、次のようなかたちで与えられることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「愛」=「個性 ²」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって、試練と努力を組み込んだ式に直すなら、次のようなかたちで表わされることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「試練」=「個性 ²」÷「努力」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですね。

試練の大きさは、個性同士を掛け合わせた値の大きさに比例し、努力量に反比例する、との意味になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことは、どういうことかといいますとね。

二人の男女が、それぞれ個性的であれば個性的であるほど、互いに向かい合ったとき、その個性の大きさに比例して、試練も大きくなっていくことになるのです。

つまり、かいつまんでいうなら、魅力的なカップルであれば魅力的なカップルであるほど、そして、二人の間に生まれた愛が大きければ大きいほど、そこに降りかかる試練も大きくなってゆく、ということになるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しいのやら、悲しいのやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、なんですよね。

数式上、試練は努力に反比例するわけだから、努力量を増やすことで、試練の値を小さくすることが可能なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「努力」とひと言で言っても、その内容は、人によって様々でしょう。

 

信じること。

感謝すること。

学ぶこと。

理解すること。

想像すること。

行動すること。

 

 

···········このように、何かをするということも、「努力」だといえましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、或るいは、、、

 

 

ルールを破らないこと。

マナー違反をしないこと。

信義にもとる振舞いをしないこと。

自然の理法に背かないこと。

 

 

············このように、何かをしないということも、やはり、「努力」だといえましょう。

 

図らずも、自分にとって大切な人に対して、まるで蜂のごとく、心の中に“抗体”を作らせてしまうような仕打ちをしてしまった人は、「努力」が必要になってくると思います。

 

 

 

すでに、“リーチ”と思うくらいでちょうどいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

相手を“自己免疫不全”にしないように気を配るのも、“愛”のうち、かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“ショック反応”が出てしまったら、大変なことになりますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆめゆめ、後悔なさいませぬよう· · · · · · · · · · ·

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:体質によっては、もともとそのようなアレルゲンを持っている人もおり、そうしたケースでは一度目であっても反応が出てしまいかねないのだそうです。

【世界初】ブラックホール(M87)の半径を計算しました

天文学の国際的な共同研究のプロジェクトチーム(EHT)が、今月、世界各地に設置した8台の電波望遠鏡を用いて、地球からおよそ5500万光年離れたところにあるM87という銀河の中心部に位置する巨大ブラックホールの姿を映像化することに、世界で初めて成功したとのニュース報道が、ありました。

100年前にアインシュタイン博士が一般相対性理論を通じて、あるであろう、と予言していたブラックホールが現実に存在していることが、それにより実証されました。

研究チームは、周囲を公転する恒星の動きをもとにブラックホールの質量を割り出し、その値を、太陽の約65億倍と見積りました。

しかし、写像の中央部の黒い影は、輪郭がぼやけており、その正確なサイズは不明のままとなっています。

また、そこから8000光年の長さにわたって噴き出している素粒子ジェットの帯が、一筋、伸びている様子も、写し出されていて、「ブラックホールはあらゆるものを吸い寄せて光さえも脱出不能にするほどの強い重力をもっているのに、なぜそのようにたくさんの素粒子を天体表面から放出するのか?」との新たな謎も投げ掛けています。

さらに、その自転速度や重力の強さなども、まだ詳しくは判っていません。

このように、ブラックホールは、未だ、謎多き天体として、科学者たちを悩ませ続けているのです。

観測技術が向上すれば、多少のことは、現段階よりは判ってくるでしょう。

しかし、理論的に導けることは、もう何も無いものと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近接説に立っている限り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから先は、遠隔説にしか扱えない領域です。

なぜ扱えないかは、論理的に考えれば判ることなのですけれど、きちんと説明しますので、私と一緒に、ゆっくり考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、よろしくお願いします。

 

 

 

私が創始した万物理論(関係性物理学)は、従来の物理学の考え方(近接説)とはまったく異なる発想(遠隔説)に立っています(詳しくはこちらをご参照ください⇩)。

 

hirameking.hatenablog.com

 

 

両者の違いはですね、物と物の間で力がどのように働くのか、という点についての解釈の違いだとお考えいただければよろしいかと思います。

たとえば、物体間に光があるという場合に、一方の物体から光が出てそれが作用の対象となっている他の物体めがけて時間の経過とともに少しずつ空間を移動していく、と捉えるのか、それとも、物体と物体の間を隔てている空間を光が1本の絆(関係性)としてもともと結びつけている(それゆえ光の空間移動はおこなわれない)、と捉えるのか、といった描像の違いです。

前者(近接説)の考え方は、光をあたかも鉄砲玉のような粒だとイメージし、それが空中を端から端までハイスピードで飛行していく、と捉えるのに対し、後者(遠隔説)のそれは、光をまるで運命の赤い糸みたいに端と端をもともと1本の線で繋いでいるものであると捉えます。

この考え方の違いは、非常に、大きいです。

どちらを採用するかによって、結論がまるで変わってきます。

 

私のオリジナルの考え方では、「光」とは「関係性」であり、物と物の間を繋ぐ1本の線のイメージなのです。それを私の造語で、「光柱」と呼びます(下図参照⇩)。

 f:id:hirameking:20190427183809j:plain

 

光柱が形成されるまでに要する時間は、0秒です。

なぜなら、物体相互間における光の移動(進行)がそもそも無いからです。

それは最初から1本の柱なのです。

そうした光柱の構成要素をみてみると、それが1つ成立するためには、光を両端から挟み込むようにして互いに向き合う「当事者」が、2つ、必要であることになります。

それらが存在し、「関係性」を結び合うことで、光が生まれるのです。

2つの当事者が生み出す光柱の本数は、上図をみても判る通り、「1」となります。 

逆にいうと、「当事者」の数は、常に「光柱」の数を2倍した値に等しいことになります。

そのことを、数式で表わしてみましょう。

「当事者数」を「n」、「光柱数」を「N」とすると、両者の関係は次のようなかたちで与えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

n= 2N

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですね。

イメージできましたか?

光が生まれるためには、わが万物理論からすると、必ず、「光柱」が1本以上存在していなければなりません。

光とは「光柱」そのものだからです。

それがなければ、物体は光ることができません。

 

 

 

そうであるなら、です。

もう、ブラックホールの謎、解けてしまいますよね(笑)。

なぜ、それが暗黒天体となっているのか?

 

「光柱」が1本も無いからです。

 

1本でもそこにあれば、物体は光を発するので、ブラックホールにはなりません。

 M87の真ん中に位置する超巨大高密度天体がブラックホールたりうるのはなぜかといったら、結論からいいますと、「光柱数」の値が「0.5」程度だからなのです。

「1」に満たない。

ゆえに、光らない。

ただそれだけのことです。

 

 

 

 

では、その点を踏まえて、ブラックホールの半径を求めてみたいと思います。

式は、論文や過去記事でもご紹介したことのある、次のようなものを使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m= 8r³c²÷n[ng] (単位はナノグラム) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これに、さらに、最初にこの記事でご紹介した式を代入します。その結果が、次のようなかたちで与えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m= 8r³c²÷2N[ng]   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

計算プロセスは、次の通りです(式を変形して計算します)。

ブラックホールの質量については、以前私がこのブログで算出した太陽の質量の値を65億倍したものを使用します。

 

 

 

 

 

r³= Nm÷4×c²

     =(0.5×1.8207115×10^39×6500000000)÷(4×299792458^2)

     =1.64597449×10^31[m³]

 

 

 

r= 25437496475[m]  

 

 

 

 

以上となります。

ブラックホールの半径は、およそ2500万キロメートルであるということが、判りました。

直径で表わすなら、約5000万キロメートルということになります。

 

 

 

 

 

世界初です。

科学者たちの予想よりも、ずっと小さい値だと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに、ブラックホールの自転速度も計算してみましょうか。

 

 

 

 

 

 

 

m= 8r³cv 

 

v= m÷(8r³c)

  =1.8207115×10^39×6500000000)÷(8×25437496475^3×299792458 )

  = 299792457.9648152[m/s]  

 

 

 

 

 

 

 

これです。

光速と同じ値になりましたね。

ブラックホールの周りを取り囲むガスや塵のリングが、光速と同程度の速さで運動している点に鑑みれば、ブラックホール本体もほぼそのくらいのスピードで動いていると考えるのが、自然でしょう。

 これも、世界初です。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、M87のブラックホールの「光柱数」は「0.5」くらいだと述べましたけれど、その導出プロセスも説明しておきます。

まず「当事者数」を算出し、それに基づいて「光柱数」を導きます。

用いる数式は、次のものです(これも論文・過去記事で紹介済みです)。

 

 

 

c= nv 

 

 

 

これを変形します。

 

 

 

 

n= c÷v 

  = 299792458÷299792457.9648152 

  = 1.00000000011736386

 

 

 

M87ブラックホールの「当事者数」が、これです。

ずばり、「1」です。

この値を、前述した式に当て該め、「光柱数」を算出します。

 

 

 

n= 2N 

 

N= n÷2 

  = 1÷2 

  = 0.5

 

 

 

 

こんな感じです。

整数で表わせば、ブラックホールの「光柱数」は“0”なので、その場における「当事者」の絡み合いというものが、そもそもありません。

そういう特徴をもった天体なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、ここで、ブラックホールの成立要件について、纏めておきましょう。

 

 

◉自転速度が光速の半分よりも大きい値であること

◉「当事者数」が「2」よりも小さい値であること

◉「光柱数」が「1」よりも小さい値であること

 

 

これらの要件ですね。もっとも、あたかも箇条書きみたいに列挙しましたけれど、それらは全部、同じ意味のことを表現を変えて述べているにすぎません。

それらのうちのいずれか1つを満たしたなら、自ずと他の要件も同時に満たすことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、最後に、ブラックホールの地表付近の重力を、求めてみたいと思います。

 

計算に使用する式は、これも論文および過去記事でご紹介済みですけれど、次のようなものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F= 4r^2÷mn[nN]  (単位はナノニュートン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに、具体的な数値を代入していきます。プロセスは、次のようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F= (4×25437496475^2)÷(1.8207115×10^30×6500000000×1)

  = 2.18702744×10^−19[nN]

  = 2.18702744×10^−28[N] 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

驚きましたか?

 

きわめて、弱いです。

 

 

 

 

 

 

 

ブラックホールのイメージ、大崩壊。

 

 

 

 

 

 

 

 

あらゆるものを吸い込み、光さえも脱出不可能にするほどの凄まじい強さの重力。それがいわば、ブラックホールの代名詞だったのに·····。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重力、ぜーんぜん、大したことありません(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、光の速さで自転しているので、接地することはできないでしょうけれど、物体が近づくこと自体は、可能だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

すべてを飲み込んで跡形もなく砕いてしまうという従来のイメージは、改められなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引力、弱いですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そうであるならね。

 

ブラックホール本体から噴き出している8000光年ジェットの謎も、解明できたことになります。

 

 

 

重力、大したことないので、素粒子や塵が噴き出すのは、容易にできることです。

 

 

 

 

 

ふつうに噴き出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、なぜ、光が出てこないのか?

それは、先述したように、「光柱数」が(整数で表わすと)0だからで、強い重力で光が捕捉されて脱出できないからなのではありません。

 

 

 

そもそも、「光」は粒のようなものではありません。

 

 

 

 

運動もしていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「運動モデル」で語るようなものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「関係性モデル」でこそ、語るべきなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 光というものを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの時代は。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしたパラダイム転換がおこなわれてしかるべきなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧モデルと新モデルとでは、どのような違いがあるのかといいますとね。

要するに、光の移動の有無ですよね。

旧型はそれを基本に置いているのに対し、新型は、そういう態度を取っていません。

 

古い描像では、こう捉えることになります。すなわちね、光というものは、光の粒が光源から出て、空中を、エッチラ、オッチラと、ちょっとずつ飛行していき、一定時間が経過した後、別の物体へと到達することで、我々に認識される。しかし、ブラックホールでは、光が生まれてはいるものの、それが重力に捕縛されて移動できずにいるため、観測者のもとまで光が届かない。だから、暗黒の天体に見える。とまあ、こういうわけですね。

一方、新しい描像では、こうです。光というものは、物体と物体とを1つに結ぶための要素だから、空中移動を伴わずとも遠隔地点に対してもともと影響を及ぼしている。ゆえに、光が生まれたなら、重力の大小に関わらず、発生と同時に観測者に認識される。もし認識されないのだとしたら、それは最初から光っていないからで、ブラックホールが暗黒の天体に見えるのはそのためである。とまあ、こういうわけですね。

 

 

 

 

アナロジー的には、次のような感じでしょうね。

モテない男は、刺激があるけれどそれが女性の身体まで届かないからモテないのか、それとも、そもそも刺激的ではないからモテないのか、一体どちらの仕組みに基づいているのか · · · っていう。

それと同様に、ブラックホールは光があるけれどそれが地球まで届かないから暗黒に見えるのか、それとも、そもそも光っていないから暗黒に見えるのか、一体どちらの仕組みに基づいているのか · · · っていう、そういうアナロジー

 

 

 

女性の皆さん。

 

あなたが直感的に捉えたイメージでOKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、答えだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭で、近接説が行き詰まり、遠隔説でなければこの先の真実が見えてこない、と述べたのは、そうしたイメージに関連しています。

 

もはや、エネルギーが空間を移動していくという描像そのものが、物理学的にみて限界にきているのです。

それは、強い重力による光子の捕捉と、ブラックホールから噴き出す8000光年ジェットの存在とを、論理的に整合させることができないという点に、すべて現われているではありませんか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいモデル、新しい物理学が、求められているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋本順一くんの万物理論という、ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男の考えることはみんな同じ

時々、もしも、この橋本順一くんが若い女性だったなら・・・って、考えることがあります。

 

 

仮に、の話ですよ。もちろん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“橋本順子”(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると、たぶん、彼女は、めちゃめちゃ頭の良いというか、賢いというか、出来のいい女性だと思うんですよね 💁(笑)。

「したたか 😏」っていう言い方もできるかもしれません(笑)。

いまの私の思考能力とか思考内容といったものをそっくりそのまま投影した結果が、“橋本順子”さんなわけですから 😜(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まつ毛の長さは、16mm(笑)。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職業・女優(笑)。

それも、とびきり美人のね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・そういうことにしておいてください(笑)。

 

 

 

あくまで、空想上の話なんで(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、女性ホルモンをばんばん分泌させればあり得なくもないかな、っていう(笑)。 

 

 

11歳頃から急激に分泌量が上昇して、急に女らしくなった、みたいな(笑)。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それでね。

我々男性は、そういう女らしい女性のことが好きで好きでたまらないわけですよね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本、「女好き」であると思いますので。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然のことながら、橋本順子さんは、頭が良いんで、そのことを想像できちゃうわけですよ(笑)。 

まあ、頭が良くなくても想像できちゃうとは思いますけど(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既婚・未婚を問わず、男はできるだけ“いい女”を手に入れたがる生き物なんだ、ってことをね 🤔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らは、いつだって、「あわよくば」って思っている、って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分がいままでに出会ったすべての女性のなかで最高レベルと思える相手を求めていて、たとえその人が“高嶺の花”だったとしても、ひょっとしたら、何かのきっかけで、彼女と親しい間柄になれる場合も生まれるんじゃないか、って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“自己ベスト更新”のチャンスがあるんじゃないか、って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常にその時を伺っている生き物、、、それが男なんだ、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうするとですね、男が、次にどういう思考パターンを辿るかといいますとね。

ぜひとも彼女とお近づきになりたい、って思うわけなんですけれどね、でも、街を歩いていてバッタリ遭遇、みたいなことって、ほぼあり得ないですよね。

となると、「よし、接点を作ろう、仕事か何かの公的なイベントを通じて!」、みたいなことを考えるわけですよ。どいつもこいつもね(笑)。

 

 

 

  

 

バカの一つ覚えみたいに(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その結果、橋本順子さんの所属する芸能事務所に、映画やドラマのオファーが殺到する、とまあ、こういうわけなんですね、ハイ(笑)。

 

 

 

・・・ま、判りやすいっていえば、判りやすいですよね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋本順子さんも、そのことは百も承知なわけですよ。

で、繰り返すようだけれど、彼女は、「したたか 😏」なので、それを逆手にとって自らのメリットへと変えるような、あたかも誘い水であるかのごとき言動を、たびたび、各メディアにおいて、垣間見せたりすることになるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、そうですねぇ、

雑誌のインタビューに対して回答したコメント文とか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁

 

 

 

  

 

Q.  「お仕事を続けていくうえで、この先、想い描いている将来像など、何かありますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.  とにかく、何事にも積極的に挑戦していきたいです。演じる役柄についても、淑女から娼婦まで、求められれば何にでもトライしたいです!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ほ、ほう、、、そ、それはそれは・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.  「も・・目標にしているタレントさんなど、いらっしゃいましたら、お、お聞かせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.  「インリン・オブ・ジョイトイさんです!素敵だなって思います!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(えっ・・・!?、あっ、、そ、そ、そうなの・・・?ぉ、おお!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.  「・・・お、音楽鑑賞が趣味だとお伺いしましたが、と、とくに好きだなと思うアーティストさんは、ど、どなたですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.  「セックス・ピストルズさんです!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(・・は、橋本さんが、、、せ、セ、セ、セック・・・!?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.  「お、お・・お好きなんですか・・・?」

 

 

A.  「そうなんですよ~。父の影響で、小学生の時に初めて聴いて以来、どハマりしちゃって。もう、撃ち抜かれちゃいましたね。ピストルだけにね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(い、いや、まあ、あのぅ、・・・ど、どうなんだろう。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.  「・・・お父様とは、仲が良い?」

 

 

A.  「はい!・・・でも、最近、会えてないんですよ。実家を離れて、一人暮らしを始めたので。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(は、、は、橋本さあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーん! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(笑)(笑)(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(笑) (笑)(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・かくして、野郎どもは、勝手に妄想を膨らませ、淡い期待を胸に秘め、仕事の企画を考えては、日々、彼女の所属事務所に具体的なプランを持ち込み続ける、、、とまあ、こういうわけなのであります、ハイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“口説くことを前提にしたキャスティング”!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘタすりゃ、それは、初めから、お芝居を隠れ蓑にした過度なスキンシップが目的だったという可能性すら、あります。

それを狙ってセッティングされた共演だったのかもしれないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもそれが、相手事務所の見栄のための共演だったりもする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その辺のところも、橋本順子さんには、お見通しなわけですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭、良いんで(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、意志が強い。

 

 

こうと決めたらテコでも動かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心に決めた相手以外の男性には、口説かれても応じないし、たとえお芝居の中であっても、貞節をけがすようなことはしない*1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、橋本順子 💁。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしますとですね。

なかには、そのことに対して不満や物足りなさ、酷い場合は逆恨みさえ、感じる共演者(もしくはその所属事務所) もいたりするわけですよ。

 

それで、あろうことか、拒絶された腹いせに、嫌がらせ工作をする相手が出てきてしまうケースもあるんですよね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御用メディアを使った、悪口、嘲笑、ネガティブキャンペーン。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TV局や出版社にかけ合って、橋本の起用を控えるようにしろ、と圧力をかけることなども、日常茶飯事。

さもなくばうちのタレントはおたくの番組から引き揚げさせる、とか言ってね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、彼女は、頭が良くて、意志が強いので・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうぞ、どうぞwww 」みたいな(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・そんな余裕あるんですか?おたくの事務所、もうすぐ代替わりでしょう?不動産、たくさん所有なさってますけど、2代目さん、相続税をしこたま払わなきゃなりませんよね?しかも、またまた 自社ビル、購入されましたよね?数十億円でね。銀行ローン、返済しなきゃならないでしょう?ちょっとでも滞ったら、信用問題に関わりますよね?固定資産税だって、待ったなしでしょう?・・・今まで以上に、露出を増やして、安いギャラで、タレント&事務所スタッフ総出で、一丸となって働かないと、会社、潰れちゃいますよ?・・・タレントを引き揚げちゃったりしたら、そちらが困ることになるんじゃないんですか?・・・逆に、ごり押ししてでも出番増やしたいというのが、正直なところなんじゃないんですか?・・・そうですよね?・・・でも、あんまりやりすぎると、TV局との癒着関係が、バレちゃいますよ。TV局だって、自社ビル買って、銀行負債たくさん抱え込んでいるわけでしょう。番組造りにお金をかけられないし、仕事なんか選んではいられませんよね?それは、双方ともに、ですよね?・・・かたや、安いギャラで身体張ってどんな仕事もやる“芸能界のTHE何でも屋”みたいな事務所のことを重宝するでしょうし、かたや、コンテンツ作成能力が乏しく、脅しに弱く、自社の言いなりになりやすい“御用放送局”みたいなメディアがいてくれると、都合がよい・・・利害関係、完全に、一致しちゃってるじゃないですか。そりゃあ、視聴者の皆さんがTVつければどの番組も同じ事務所のタレントばかり・・・ってなりますよ。もっとも、そのぶん、うんざりもしていらっしゃるでしょうけどね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・看破、ですね。

 

 

 

いやぁ~、順子さん、さすがです。

 

 

 

 

 

 

 

相手事務所のビジネススタイルが“薄利多売”であることを、瞬時に、見抜いてしまったようです🙆。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、「質」よりも「量」。

 

 

 

 

数をこなさないと、儲けにならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、あちこちのメディアに出まくる。

よく働いているのは、認めます。

イケメンであることも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ただそれだけのこと。

 

 

 

 

 

 

 

橋本さんは、こうも付け加える。

 

 

「・・・ビジュアルの良さが自慢みたいですけど、わたし、1回もときめいたこと無いんですよねぇ・・・。“男は中身”だと思っているので。もちろん、まったく見た目が気にならないわけじゃないですよ。でも、そこはわたしにとって、本質的な基準になっていないです。・・・ごめんなさい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、そう。その通り!

ここから急に、橋本順一くんがしゃしゃり出てきますけど(笑)、橋本順子さんの言っていたことを、科学的なデータで裏付けておきましょうかね。

 

 

 

女性は、一体、男性のどんな部分にときめきを感じるものなのか、という点について、「ここだ!」ってところが判るわけじゃないんだけれど、「ここではないらしい…」という事実を推認させる実験データがあるので、ご紹介します。

 東北大学の研究チームが行なった実験なんですけれど、次のような内容でした。

 被験者の女性数人(女子学生)に、いろいろな男性の顔写真を見せ、その際の反応をf-MRI(磁気共鳴画像断層撮影装置)*2で調べる。

これですね。

写真は、イケメン、フツメン、ブサメン等、いろいろあったのだそうだけれど、女子たちが、「この人がいい」と選定した時の、脳の興奮箇所をみてみると、それは、後頭葉の視覚野の、ほんの一部が僅かに反応しているにすぎないということが、判明したらしいです。

 

つまり、女性は、男性の顔をみただけでは、大脳辺縁系視床下部といった本能を司る部位が反応しない、すなわち性的興奮を感じない、ということが、この実験で明らかになったわけです。

 

 

 

 

要するに、女性は、男性を見た目だけでは選ばない、ってことなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、“男は中身”、なんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、もしも…の話なんですけれどね、世の中に対して、そのことを積極的に訴えていかなきゃならない必要性が生じた場合(たぶん、ないでしょうけれど)、次のような実験をしてみるのも面白いんじゃないでしょうか。

 

すなわちね。いろいろなイケメン(俳優、歌手、モデル等)の肖像画を、橋本順一くん得意の写実力で描き上げて、被験者の女性たちに見せ、f-MRIで脳の反応を調べ、その様子をビデオ映像に収める。そのうえで、それを動画サイトに投稿する。

 

 

 

 

 

 

 

これなんですけど、まあ、そこまでは、たぶん、しないと思います(笑)。

そういう局面にはならないだろうし、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・そもそも、シャレですから(笑)。

 

しないです。

 

 

 

 

橋本順子さんは、仕事のオファーが殺到して、その中から、相手と演技内容を慎重に吟味して、心の琴線に触れたものだけを、選び取る。

 

 

 

 

でも、やっぱり、まつ毛16mmなんで、申し込みが後を絶たない(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、橋本順一くん、某女優さんの事務所に、企画書を書いて送ったことがあります(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(あんたもかいっ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:このような私の発言が橋本順子さんの仕事の幅を狭めるようなことになってしまったら可哀想なので、念のためフォローを入れておきますとね、共演者にそうした絡みのチャンスがゼロかというと、必ずしもそういうわけではないと思います。ただし、それは彼が順子さんの最愛の人になれた場合に限ります。そうでないなら、脈なしということになるでしょう。口説き落とす自信のある人だけチャレンジしてみてください。・・・いや、ていうか、何の話ッスか!

*2:脳のどの部分に大量の血液が流れ込んでいるか、すなわち脳のどの部位が活発に働いているかがコンピュータ画像で可視化され、被験者の脳の活動領域が一目で判るように工夫された測定機器です。

日本の正直者たちよ、立ち上がれ

「質量とは何か?」

この問いに答えることができる専門家が、はたして、どれくらいいるでしょうか?

おそらく、ほとんどいないものと思われます。

物理学者でも、なかなか答えられないのではないでしょうか。

この点、私はというと、自ら創始した万物理論の中で、数式を通じて、辛うじてそのイメージを把握している程度でした。

前回のブログ記事で、質量に関する式をご紹介しましたけれど、今回は、便宜上、それを変形した式を新たにご提示し、それに基づいて、「質量とは何か?」との本質に迫ってまいりたいと思います。

 

それでは、よろしくお願いします。

 

式を、お見せします。

 

 

 

 

 

m= 8r³c²÷n[ng]       ・・・・①

 

 

 

 

 

上記の式を使って、考察してまいりましょう。

用語の説明をいたします。「r」は距離(半径)を、「c」は光速を、「n」は当事者数をそれぞれ表わし、「ng」は質量の単位で、ナノグラムを表わします。

大雑把なんですけれど、右辺では、分数における分子が「空間」とか「サイズ」、「フィールド」といった、“場所的なもの”を表わしていると考えていただければよろしいかと思います、広い意味でね。

一方、分母が、「当事者数」を示しています。

そして、左辺が、「質量」の値を表わしています。

 

さて、この式に従いますとね。

「質量」は“場所的なもの”に比例することになるので、乱暴に言ってしまえば、図体のでかいものは質量もでかい、というのが原則であることになるわけですね。

基本的に、場所とか体積が大きいなら「質量」の肥大化は避けられない、という結論になるわけであります。

 

では、ここでさらに、私が考案した重力理論の式を見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

F= 4r²÷mn[nN]    ・・・・②

 

 

 

 

 

 

これです。

「F」は重力の値を、「r」は距離(半径)を、「m」は質量を、「n」は当事者数をそれぞれ表わし、「nN」は力の度合いを示す単位で、ナノニュートンを表わしています。

そうすると、式を見ると判るんですけれど、重力(引力)は、質量に反比例することになるわけです*1。そうなってくると、場所とか図体がでかいという事例では、関係当事者たちの間を取り結ぶアトラクション(引力)が、互いに弱められてしまう、との結論が導かれるわけであります。

 

早い話、大集団とか大組織といった図体のでかいものは、他者を惹き付ける魅力が薄まってしまうのです。

なぜならば、質量が大きいからです。

理論上、そう考えざるを得ないのですね。

 

このことから、なんとなくみえてくるのは、「質量」とは、“しがらみ度”、とか、“十字架数”、といったような、何らかの重荷、ブレーキの度合いを示す物理量のことを指すのではないか、というビジョンです。

 

 

 

図体のでかいものは、「質量」が肥大化し、なんだかよく判らないけどたくさんのものを内側に抱え込んで、他者を引き寄せる魅力を低下させてしまう。

 

 

 

 

じゃあ、強い魅力を生み出し、成功や幸せ、豊かさを引き寄せるためには、どうすればいいのでしょうか?

 

の式を見ていただきたいのですけれど、「m」と「n」は、互いに反比例し合う関係にあります。それゆえ、ひとたび肥大化した「質量」を縮小させるためには、「n」の値、すなわち「当事者数」を増やす必要があることになります。ただし、これは「多数当事者関係」を形成し、「中和エフェクト」を発生させ、ひいては関係者相互間のアトラクションを薄めさせてしまうことを意味します。

 

でも、そのようにして「多数当事者関係」が出来てしまった以上は、仕方がないと覚悟を決めて、ただひたむきに、百花繚乱の有機的構造を築き上げることだけに専心し、構成メンバー相互間の調和をうまく取れるように努める。

つまり、「分かち合い」を意識する、ということです。

 

それしか方法はありません。

 

もし、図体のでかい巨大組織でありながら「分かち合い」の精神を忘れ、誰か特定の個人の私利私欲のためだけにリソースの拡大を図るなら、数式上、「m」が肥大化していくのを止めることはできません。

ゆえに、その組織の勢いは、必ず、衰退へと向かいます。

なぜなら、エネルギー(魅力)が小さいからです(の式における「F」の値が小さいということです)。

 

図体がでかくても、構成メンバーを増やして、百花繚乱の個性的面々を互いに強い絆で結び付け、有機的な組織を形成できるなら、数式上、「質量」の値を小さく抑えることが可能なのだけれど、もし、そうはせず、図体がでかいまま、(寡占的に)メンバー数の少ない組織運営に奔走し続けるなら、「質量」の値は膨れ上がり、エネルギー(魅力)を弱めてしまう羽目になります。

 

それはあたかも、「発酵」と「腐敗」の違いに似ています。

前者は、食材の分解に多種多様な微生物が関わる場合をいい、後者は、それの分解がたった1種類の微生物によって行われるケースをいいます。

「発酵」食品は美味しく食べることができるけれど、「腐敗」したものを食べたら、人はお腹を壊してしまいます。

両者間では、作り上げたものに宿るエネルギー量という点で、大きな差があるのです。

そして、その差は、活動する組織が有機的なメンバー構成になっているか否か、に拠ります。

 

みんなで支え合い、協力し合って、生み出したものを「分かち合」えるなら、その組織は発展していき、存続してゆくことができるでありましょう。

ところが、それぞれが己れの栄達の寡占化を目論み、生み出した利益を奪い合うなら、その組織は衰退していき、やがて消滅することになるでありましょう。

 

アメリカ合衆国が、あれほどの広大な国土と2億人もの人口を抱えた大所帯でありながら、世界一の経済大国でい続けられるのはなぜかといったら、それは、構成員それぞれが織り成す有機的な「分かち合い」のシステムが、うまく機能しているからなのですね、アメリカ型の資本主義や権力分立機構のお蔭もあってね。多民族国家であることも、功を奏していますよね。つまり、図体がでかいのに、「m」の値が膨れ上がらずに済んでいる、ってことなのですね。

仮に、アメリカをコルチゾールに喩えるなら、アメリカ国民はノルアドレナリンのような位置づけになるでしょうね。

ストレスホルモンでストレスホルモンを緩和する、みたいな。

 

 

 

 

有機的構造、侮りがたし。

 

 

 

 

逆に、まずいのが、国や組織、業界といったものに対する、個人による私物化です。それは、規模の大小を問わず、「分かち合い」のシステムに反するからです。 

 

ゆえに、それを犯してしまった組織は、遅かれ早かれ、やがて衰退していくことになります。

 

古代エジプトでは、古王国時代と呼ばれる期間に、巨大ピラミッドが盛んに建造されました。でも、或る時期を境に、急に造られなくなっていきました。

日本の古墳もそうですよね。5~6世紀頃に日本各地にたくさん造られましたけれど、やはり或る時期から突然、造られなくなっていきました。

それらは、国を挙げて建設に取り組んだ公共事業でした。しかし、一方で、支配者たちの私的な宗教的興味や権勢示威願望を満たすために、国の人的・物的資源をかり出す、という側面もあったわけです。つまり、場合によっては公私混同に陥りかねない危険性を孕んでいた事業だともいえるのですね。

 

早い話、それらの巨大建造物が急速に造られなくなっていったのは、権力者の失脚が原因だった、というわけです。

あまりの横暴さゆえに、人心が離れていってしまったのですね、リーダーのもとからね。

 

 

じゃあ、そもそも、なぜ、権力者たちは、力を誇示しようとしたり、公共資源を私的に流用しようとしたりするのでしょうか?

それは、おそらく、心の中に、“しがらみ度”の高い何かや、“十字架数”の多い何かを、抱え込んでいるからでありましょう。

そうした重荷を払拭するために、視覚的な、判りやすい、ブランド的な価値観に、縋ろうとするわけです。

つまり、手っ取り早くいうなら、見栄を張りたい、ということなのですね。

見栄を張るうえでは、「皆が一目見て認識しやすい」という条件が、何よりも重要になってきます。

その結果、認識しやすさという観点から、権力者や為政者は、図体のでかいものを造って、見せびらかそうとする、とまあ、こういうわけです。

「実質」よりも「形式」を優先するスタンスなのですね。何がなんでもね。

 

 

 

巨大建造物を建設するのは、そのためなのです。

 

 

 

 

 彼らの中にある虚栄心が、そうさせるのです。

 

 

 

 

虚栄心のあるかぎり、彼らは、必ず、大集団や大組織を作り、事業拡大を図り、 最終的に、巨大建造物の建設へと駆り立てられていきます。何かに憑りつかれたみたいにね。

 

 

 

 

ところが、皮肉なことに、そうした図体のでかいものは、作れば作るほど、「質量」を肥大化させ、成長・発展を打ち止めにし、自らのアトラクション(魅力)を失わせていくのです。そのメカニズムについては、式を用いて説明しました。

 

 

 

 

じゃあ、具体例、いきましょうか。

◈18世紀のフランス・ブルボン王朝における国王夫妻(ルイ16世マリー・アントワネット)が、莫大な費用と時間をかけて改築した、あの、絢爛豪華なベルサイユ宮殿。

王妃マリー・アントワネットのKY発言、「食事にありつけないなら、お菓子を食べればいい。」は、あまりにも有名ですよね。

そんな彼女たちなので、のちに国民からの信任を失い、王室の座から引き摺り降ろされてしまったのでした(フランス革命)。

 

◈19世紀のバイエルン王国における悲劇のイケメン王・ルートヴィヒ2世が建造した、ノイシュヴァンシュタイン城。 

それはディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなった、メルヘン世界の最終到達点ともいうべき夢の建造物でしたけれど、国政を顧みることなく趣味の世界に没頭する国王に対し、家臣たちは団結し、彼を解任させたのでした。直後、彼は不審死を遂げることになりました。

 

方広寺大仏殿をはじめ、日本各地に神社仏閣を次々と建設していった、束の間の天下人・豊臣秀頼

彼はのちに徳川家康の挑発に乗って大坂の陣を勃発させ、敗戦し、壮絶な自刃を遂げたのでした。 

 

 

 

 

こうしてみてくると、それらのエピソードにおいて共通しているのが、巨大建造物もしくは豪華で壮麗な建築物を作った権力者は、急激に力を失い、滅んでいった、という点です。

 

 

 

 

よく、「家を建てると病気になる」っていうじゃないですか。

 

 

 

 

それ、ちゃんと、理由があるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「分かち合い」の精神に背き、当事者間における有機的な互恵関係を結び損ねてしまった、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「質量」を肥大化させておきながら、「分かち合い」を遂行せず、私利私欲を満たすことにのみ執着してしまった、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

己れの利得をひたすら追求するかのような、“非有機的な”交流態度が、アトラクションを弱め、人々を遠ざけてしまった、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この世は、いわば、“時計仕掛けの有機体”。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏教でいうところの、“縁起”世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、他者との間で、持ちつ持たれつの扶助の関係を結び合うことによってのみ“自分”であることを許され、命を永らえさせていただける・・・そういう存在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、そのことに対して感謝の心を持ち続けることが、大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の地元にある古刹・少林山達磨寺は、“縁起だるま”で有名なお寺です。

その由来は、いまから220年ほど前まで遡ります。

当時、民百姓は、高崎藩の圧政によって、経済的に困窮していました。

それを見かねた達磨寺第9代住職が、だるまの製造・販売方法を民衆に教え、生活難から救い出したのでした。

農民たちは住職の慈悲深い心に、感謝したのでした。

その話は縁起の良い話として、瞬く間に各地へと広まっていきました。

“縁起だるま”の逸話は、こうして生まれたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご縁が、「分かち合い」の精神が、高崎を救ってくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いま、こうして高崎が存続できているのも、彼らがいてくれたからにほかなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがたきしあわせ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですけれど、女優の橋本環奈さんが映画の撮影で高崎に滞在していた時期があって、のちに彼女は、その時のことを振り返って、こう言ってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「高崎は第二の家です。」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋本順一くんは橋本環奈さんに感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋本順一くんは橋本環奈さんを信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがたきしあわせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話を戻しますとね。

お互いが感謝し合えるようなギブ&テイクの構造を作り上げ、生み出したものを「分かち合い」、与え合えるならば、多少、図体のでかい組織や社会であったとしても、アトラクション(魅力)は十分に維持できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百花繚乱の有機的構造の素晴らしさは、そうしたところにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを築き上げるために大事なのは、感謝の気持ちや素直な気持ちをもつ、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断じて、虚栄心などではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の中にそれが巣食っているならば、モノやお金、権力をいくら手に入れようと、本人はいつまで経っても満足することはできません。

 

手に入れても手に入れても、決して満たされない。

 

まるで仏教説話に出てくる餓鬼のようにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心できないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、粛清が始まる。

ライバル潰しというわけです。

日本史における藤原氏や北条氏のようなね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・巨大建造物を作り始める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バブル経済華やかなりし頃、破竹の勢いを誇っていた大手都市銀行日本長期信用銀行(通称・長銀)。

凋落が始まったのが、高さ100mを超える巨大な自社ビルを建設してからでした。

ビルの着工から僅か5年後、長銀は経営破綻してしまったのでした。

 

 

島根銀行さんやスルガ銀行さんなども、自社ビルを建設した途端に、経営が傾き始めてしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、見栄を張っちゃ駄目なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀行業ほど手堅い商売はないと思うんですけれど、それでも、経営って、傾いてしまうものなのですね。示威行動に走り始めるとね。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

関係ないですけれど、銀行さんって、代表者のことを、「頭取」って呼ぶんですよね。「社長」ではなくね。

 

まるで自民党が代表者のことを「代表」ではなく「総裁」と呼ぶかのようにね。

 

 

ややこしいことに、銀行は銀行でも、日銀だけは、「頭取」ではなく「総裁」なんですよね。

 

 

 

ちなみに、早稲田大学さんは、「学長」ではなく「総長」でしたね。

 

 

 

 

 

 

全然関係なくて、すいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、銀行に限りませんけれども、一応、財務的な面での理由について、触れておきましょうかね。なぜ自社ビルを建てると経営難に陥るのか、ということのね。

 

 

それは、こういうことらしいです。

すなわちね。自社ビルを持つってことは、土地と建物の所有権を取得するということであり、それに基づいて税法上の優遇措置が変わってくるのだそうで、何らかの出費があったとしても(たとえば銀行ローンの返済)、建物については経費として計上できるのだけれど、土地についてはそうした扱いにならないため、必ずしも優遇措置を受けたとはいえない、ってことなのだそうです。

 

 

あとは、ただ単に、社員の心が離れやすい、ってこと。

「見栄のために自社ビルを建てる余裕があるくらいなら、もっと俺たちの給料を上げてくれよ!こっちは身を挺して働いているんだ!」

・・・っていうふうに。

判りますよ、その気持ち。

 

 

また、取引相手からみても、似たような印象を持たれてしまうようです。

「見栄のために自社ビルを建てる余裕があるくらいなら、もっと契約料を弾んでくれよ!こっちは身を挺して働いているんだ!」

・・・っていうふうに。

判りますよ、その気持ち。

 

 

それは、一般消費者からの心証の面でも、同様でしょう。

「見栄のために自社ビルを建てる余裕があるくらいなら、もっと値下げしろよ!」

・・・とね。

判りますよ、うん、うん。

 

 

 

 

 

 

まあ、要は、世間からの評判が悪くなる、ってことなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは同時に、「分かち合い」に逆行してしまっている、ってことを意味します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆なんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JRを国鉄に戻すようなもんなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NTTdocomoを電電公社に戻すとかね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NHKを国営テレビにするとか。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、逆なんですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国や行政の仕事を、もし民間企業で出来るなら、そちらへ任せたほうが、「分かち合い」の原理に、より適合しやすくなります。

 

 

 

 

 

組織への設備投資において、もし、所有権の取得ではなく、賃借権の取得で代替できるなら、そうすることのほうが、「分かち合い」の原理に、より適合しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで仕事ができるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、イコール、恵みを与え合うということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そうではなく、もし、民間に出来ることを国・行政が独占したり、賃借で賄えるものをわざわざ所有したりするなら、それはすなわち、仕事(恵み)を奪い合うことを意味します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事やビジネスは、いつだって、“チーム・プレイ”なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで稼いで、みんなで「分かち合」うものなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奪い合いの末、独占するものとは違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうであるがゆえに、見栄を張るためだったり、権力を誇示するために、巨大建造物(自社ビル)を建てることは、この世の有機的な「分かち合い」の構造からすれば、御法度であることになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、自社ビルを建ててしまった組織がすべて破綻するとは限らないし、たとえ窮地に陥ったとしても、理論上、回復措置を取ることもできるでしょう(早めの対処がよりのぞましいでしょう)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方法は、ここでは触れません(前述した数式が参考になります)。

 

日本という国は、威張る人間や組織を許さないところでもあります。

 

だから、本来なら、誰かに対する迎合も、ご機嫌取りも、要らないはず。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分は自分、人は人、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他者がどうであれ、自分さえ素直に、正直に、前を向いて努力できているなら、必ず、強いアトラクション(魅力)を生み出せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、日本一の大富豪といわれている実業家の斎藤一人さんは、丸ノ内に高層ビルを建てることが可能なくらいの莫大な資産を持ちながら、そうすることなく、いまだに、小さなテナントを賃借して本社としているらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがでございます。

 

 

 

 

 

 

 

カッコいいです。

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい経営観をお持ちの、まさに現代ビジネス界を代表する巨人でいらっしゃいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長々と述べてまいりましたけれど、これは、理論です。ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:ニュートンの重力理論とは真逆の立場に立っている点にご注意ください。