橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

【世界初】電磁力と重力を統一しました

電磁力と重力。 あなたは、それらがどちらもまったく同じものだと想像できますか? アインシュタイン博士は、両者は絶対に同じ力であるとの強固な信念のもとに、生涯に亘って、それらを同一の枠組みの中で説明しようと、理論化を試みてきました。 彼だけでは…

物理を語る「言語」はいっぱい存在する

人間が互いにメッセージを伝え合う手段は、いくつも存在します。 「言語」はその代表格のものですけれど、伝達方法はそれだけにとどまりません。ジェスチャー、顔ぶり、以心伝心など、他にもたくさん想定し得ます。 我々日本人は日本語を喋りますけれど、英…

自己犠牲は愛か

前回のブログで、私オリジナルの物理学理論(万物理論)を下敷きにした「愛」についての考え方を述べました。 それは、簡潔に纏めると、「愛」とは「個性」と「個性」が織り成す「関係性」である、というものでした。 従いまして、それを数式化するなら、次…

愛と蜂

アナフィラキシーという自己免疫疾患があります。 ミツバチやアシナガバチ、スズメバチなどに刺された場合、体内に侵入した蜂毒に対して、免疫機構が働いて抗体を作ります。 すると、万が一、蜂に再び刺されるような事態になると、その抗体が過剰に作用して…

【世界初】ブラックホール(M87)の半径を計算しました

天文学の国際的な共同研究のプロジェクトチーム(EHT)が、今月、世界各地に設置した8台の電波望遠鏡を用いて、地球からおよそ5500万光年離れたところにあるM87という銀河の中心部に位置する巨大ブラックホールの姿を映像化することに、世界で初めて成功した…

男の考えることはみんな同じ

時々、もしも、この橋本順一くんが若い女性だったなら・・・って、考えることがあります。 仮に、の話ですよ。もちろん。 “橋本順子”(笑)。 そうすると、たぶん、彼女は、めちゃめちゃ頭の良いというか、賢いというか、出来のいい女性だと思うんですよね …

日本の正直者たちよ、立ち上がれ

「質量とは何か?」 この問いに答えることができる専門家が、はたして、どれくらいいるでしょうか? おそらく、ほとんどいないものと思われます。 物理学者でも、なかなか答えられないのではないでしょうか。 この点、私はというと、自ら創始した万物理論の…

計算の結果が一致しました

ふと、自分の創始したオリジナルの理論(万物理論)を用いて、太陽の質量を計算してみたくなり、実際、そうすることにしました。 m= 8r³cv[ng](単位はナノグラム) 上記の式を使います。 詳しくは過去記事をご参照いただきたいと思いますけれど、一応、…

一致!一致!一致!

フランスの天才数学者ベノワ・マンデルブロート博士の創始した、フラクタル美学においては、究極の美とは、「全体」と「部分」との間の関係が相似関係になっているような、重層的、ヒエラルキー的枠組みのことである、とされています。 「全体」と「部分」と…

自信、情報、造物主

絶大なる自信。 それを芽生えさせるためには、造物主の視点を持つことが大事です。 この世は、造物主であらせられる神様がお造りになられた世界です。だから、ここで起こるすべての出来事は、どう運営されようと、それは産みの親たる神様の自由裁量となって…

【用語の変更についてのお知らせ】

私が創始した万物理論は、この宇宙、自然、社会を構成する各メンバー同士の相互関係について扱った、エネルギーに関する新しい物理学です。 この理論においては、そうした各構成員たちのことを、「当事者」といいます。数式上ではそれは「n」で表わされ、そ…

総ざらい

質量の小さい天体に対して、そこに近づこうとする物体があるという場合、両者の間にどのような力が作用するか? これが私が常々、考えていたテーマでした。私の見解では、(論文中でも触れましたように)大きめの力が働くのではないか、というものでしたし、…

お詫びと反省

JAXA の小惑星探査機・はやぶさ2 が、世界で初めて、地球から3億km 離れた場所にある小惑星リュウグウの上空に到達し、本日、ついに、地表への着陸を成功させたとのニュースを拝見しました。プロジェクトチームの皆様におかれましては、困難を克服しての見事…

美少女と公共性

美少女と関わり合いを持つと、その関係は公共性を帯びてきます。 どういうことかといいますとね、たとえば、学校でも職場でもいいんですけれど、或るコミュニティーにおいて、美少女がいたとしましょうか。それで、その美少女の存在は、その場では誰もが知る…

ジンジャ-ナ博士とジンジャニウム

前回のブログ記事で、環境を整えない限り充分なエントリーはできない、といった趣旨のことを述べたんですけれど、それはまだその通りで、私はそれを実現しうる環境を手に入れられていません。 だから、本来なら、記事を書きずらい状況にはあるんですけれど、…

海へ行くつもりじゃなかった

最近、私はブログを書くうえで、パフォーマンス効率が下がってきていると感じているし、実際も(残念ながら)そうなってしまっています。 かつても述べたように、記事を書きたいという気持ちがないわけではないし、ネタがないわけでもありません。むしろ、そ…

🌷

どうも。橋本順一です。 いま、ちょっと、アレなんで、 また後で、改めて、ゆっくりブログを書きたいと思います。 それでは、よろしくお願いします。

思想・良心の自由と表現の自由

憲法上、私たちには各種の自由が与えられています。 その中でいちばん制約のレベルが少ない、というか無制限のものがあります。それは、思想・良心の自由(19条)です。個人が、頭の中で何を考えようと、OKなのですね。どんなヘンなことやヤバいことだった…

運命の赤い糸

信じることの対象は、「目に見える世界」と「目に見えない世界」の両方です。 「目に見える世界」というのは、ご存じ物質世界、物理的世界のことです、我々が暮らしている、このね。 「目に見えない世界」というのは、物と物の間の関係性や、人と人の間の関…

彼女は純愛を抑えきれない

最近、少し考え方が変わってきて、私は、100%の運命論に、一部、修正を施しました。それが、前回のブログ記事です。 どういうものかといいますと、人の「想い」が「現実」を変えうる、との考え方です。 詳しい説明は前回行いましたので、割愛させていただき…

揺らぎと力

よく、エンジェルナンバーのサイトや自己啓発本などを読むと、「心が現実を作る」、「想いが人生を決める」といった内容の理論が書かれてあったりします。 「想い」っていうのは揺れ動きますよね、自分の置かれている状況によってね。また、人の気持ちって、…

鶏と卵

鶏が先か、卵が先か、という議論があります。 たとえば、鶏がいて、卵を産んだとして、やがてそれが孵化し、ひよこが殻を破って出てくるわけですけれど、すると、今度はそのひよこが成長して鶏になり、また卵を産んで、またそれが孵り、ひよこになったかと思…

はじめに、光ありき

人はなぜ、生きるのか? この問いに答えるのは、とても難しいことでしょうし、人によって意見が分かれるところでもありましょう。 ゆえに、ここでは、また例によって、科学的なアプローチから、答えを探ってみたいと思います。 ビッグ・バン理論によると、我…

新春アートギャラリー2018

どうも。橋本順一です。 新年、あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 さて、やはり自分はアーティストなので、新年一発目は、美術家らしく、アートなブログでいきたいと思います。ただ、ちょっと作り貯めておく時間があまり…

橋本さん

書きたい(描きたい)ことがたくさんありまして、それらをすべてアウトプットすることは(色々な都合上)できないのだけれど、そうですねぇ、•••じゃあ、シンクロニシティーの話をしましょうかね。 クリスマスイブからクリスマス当日にかけて、30時間以上、…

浮気、いやらしさ、愛

ネットTVの『指原莉乃&ブラマヨの最低男総選挙』という番組で、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの吉田敬さんが、「男の浮気と女の浮気は意味合いが違う」といったような趣旨の考えを述べたところ、たくさんの女性視聴者から批判が上がり、炎上気味に受け…

美女ギャラリーへの想い

美しいものを生み出したいという気持ちは、美術家として、常に、自分の中にあります。 それが私の仕事なのであって、『美女ギャラリー』に限らず、いつも、そういった物作りに対する情熱は、持ち続けていたいと思っています。 とりあえず、今回の『美女ギャ…

天使の叱責

ちょっと前に、カンニング竹山さん主宰のネット番組『マジガチランキング』が打ち切りになったとの、報道がありましたよね。 それは、「整形していそうな芸能人」や「枕営業していそうな芸能人」などのきわどいテーマで街の声を聞き、その結果をランキング形…

美女ギャラリー

橋本環奈さん 以上です(笑)。 *********************** 本当は、あと40人くらい描こうかと思っていたんですけれど(アイドルさんや女優さん、モデルさんなど)、橋本順一くん、あろうことか、橋本環奈さんを描いた時点で•••••••••…

「信じる」ということ

「信じる」ということは一体、どういうことなのでしょうか? それは、「本質を見抜く」ということだと思います。 一見複雑であるかのようにも見える物事の、本質部分を見極めて、その周辺にある些細な部分に捕らわれ過ぎない、惑わされない、ということなの…