場面どうしの紐づけ

小説だけでなく、漫画や映画などもすべて、全体としてみれば「有機化合物」であるといえます。 少なくとも、すぐれた作品は、大体そうした構造を持っているものなのですね。 映画のアクション・シーンでも何でもいいのだけれど、観る人に刺激を与えるには、各場面が特徴的(個性的)で、それが流れていくに従って、次々と…