橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

ありのまま

 ネット検索で判るランキング、流行、人気者や第一人者・・・・・・。

 現代人は、そうした情報を求めています。そして、得られた情報がただそれだけで正しいと信じがちです。

 

 人は、主流派こそが絶対である、と信じたがっているところがあります。

 

 巨人、大鵬、玉子焼き、・・・自民党、みたいな。

 

 しかし、意外と知られていないけれど、最も人間にとって頼りになるのは、じつは自然のメカニズム及び、それを素直に読み取る自分の直感なのです。

 

 読み違えさえしなければ、それは私たちに最強の力を授けてくれます。

 だから、成功、幸福、豊かさを手に入れることができます。

 

 なのに、それを信じようとしない人の、なんと多いことでしょうか。

 

 聖書にしろ、ノストラダムスの予言にしろ、そうしたものは何百年もしくは何千年も昔に誰かが書いた(一つの)考え方にすぎません。

 現代の実態に合わなかったり、そもそも科学的・学問的成熟度が低かったりして、私たちにとって利用価値はそれほど高くはない、と考えるのが妥当でしょう。

 もちろん、参考にするのはOKです。でも、どこの馬の骨だか判らないような人が記した大昔の古文書と、目の前の、ありのままの自然法則とでは、一体、どちらが信頼できる情報なのでしょうか?

 

 答えは、わざわざ私が申し上げるまでもないでしょう。

 

 同様に、マスメディアが発表した情報についても、そうした目線でクールに見据えることが、とても大切になってくるのであります。

 

 

 ぜひ、ご自分の五感を信じてあげてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする