橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

幸せのプログラム

 人生を「道」に喩えると、その途中には随所に「分かれ道」があることになります。

 そして、それは、一方が「エゴイズムの道」であり、他方は「共存共栄の道」になっています。

 もし自分が後者の道へ進んだなら、そこで起こるあらゆる出来事は自分にとって正しいこととなり、困るような事態にならずに済みます。

 ところが、もしエゴイズムの道へ進んでしまうと、困ったことばかりが次々におこります。どんなに知恵を出し、工夫し、そこから逃げようと努力しても、絶対に逃げられません。絶対に、です。例外はありません。

 ただし、自分がそのことを自覚し、反省するなら、軌道修正することができます。

 「共存共栄の道」へ移れるのです。

 すると、以後は困ったことが起きません。一見困ったことのように思える出来事であったとしても、長い目でみれば、それは必ず本人に恵みや学びをもたらします。

 幸せになれるのです。

 だから、あまり強迫的に理想や目標を追及しなくなります。カリカリせずとも、穏やかな幸せを満喫できるのですね。

 自分を好きでいられるのであります。

 この、自分を好きになれるか否か、というテーマは、他者との比較による嫉妬もしくは屈辱の問題が関係してきます。

 才能の無い(と思っている)人が「エゴイズムの道」へ進むと、嫉妬に悩まされるようになります。

 才能のある(と思っている)人が「エゴイズムの道」へ進むと、屈辱に悩まされるようになります。

 前者は、自分がナンバーワンでいたいのにそうはなれないことで苦しみます。

 後者は、ナンバーワンになれたのにそれに見合う評価や地位を得られないことで苦しみます。

 要するに、「エゴイズムの道」へ進んでしまえば、才能があろうと無かろうと、どのみち幸せにはなれないのです。

 一方、「共存共栄の道」へ進むと、ナンバーワンであろうとそうでなかろうと、誰もが幸せになれます。

 嫉妬も屈辱も生じません。

 誰もが、いま与えられている境遇で満足できるのです。余計な理想は必要ありません。不平・不満もありません。

 いまの自分に満足できるのです。

 もちろん、何もやりたくないというわけではありません。

 成り行き任せにしているだけで新しいことを何も始めたくないというわけでもありません。

 ただ、強迫観念に駆られて闇雲に頑張らなくなるのですね。

 頑張ることは素晴らしいことなので、それを無理に封印する必要はないのだけれど、何かをカリカリ求めたがらなくなるんです。

 共存共栄のスイッチをONにすると、幸せのプログラムが発動し、心にエネルギーが溢れてきます。

 心が豊かになり、楽しく、嬉しい気持ちになることができるのです。

 自分に起きた出来事がすべて正しいことになるからです。

 正しい出来事だけが起きるのだから、不幸になるわけがありません。

 自然に、無理なく、幸せになれるのです。

 

 

 **************************************

 

 

 併せて、こちらもぜひ、ご参照ください。

 

hirameking.hatenablog.com

 

 

hirameking.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする