橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

移ろいゆく景色

 交通渋滞に巻き込まれると、私たちはなぜ、イライラしてくるのでしょうか?

 それは、変化が滞るからです。

 

 万物は流転します。

 この世のあらゆる存在は、移り変わります。

 

 ゆえに、人間にとっての幸せは、変化することだといえます。

 自分も変化、周りも変化、みんなが変化、という状態こそが、ハッピーなわけですね。

 逆にいうと、周りがことごとく変わっていっているのに、自分だけが同じままだと、それは苦しくなってくることを意味するでありましょう。

 だって、取り残されちゃっていることになるわけですから。

 時の流れに着いてゆけず、置いてきぼりを喰らっちゃったのだから、そりゃあ辛くもなりますわな。

 

 私たちが思っている以上に、私たちは毎日、変化しています。

 「昨日の自分」と「今日の自分」とでは、じつは、ビックリするくらい、同じじゃないんですよ。

 いちばん判りやすい証拠が、脳細胞の数です。昨日よりも今日のほうが、約10万個ほど少なくなっているのです。

 大違いですよね。

 その、少なくなっちゃった脳細胞数で、時の流れに十分に、昨日までとまったく同じように着いていけるかというと、それは残念なことに、無理なんですよ。

 だから、着いてゆけなくなったぶんだけ、我々は歳を取ります。

 毎日毎日、来る日も来る日も、片時も休むことなく、10万個ずつ脳細胞の総数が目減りしていき、脳が、ちょっと乱暴な言い方かもしれないけれど、「スカスカ」になってゆきます。

 若い頃「もっちもち」だった脳が、歳とともに、「スカスカ」になってゆく。

 これこそが、老化のメカニズムなのです!

 そうであるなら、老化防止なんてのは、(理論上は)じつに簡単な話であることになります。

 脳細胞数(ニューロン*1の数)が減ることに原因があるのであれば、その代用として、シナプス*2の数を増やせばいいだけであることになりましょう。

 いちど減ったニューロンは、もう二度と増えることはありません。でも、シナプスなら、努力次第でいくらでも増やせます。

 増やす人はシャレにならないくらい増やしちゃうし、増やせない人は悲しいくらい増やせないもんなのです。

 個人差が激しい世界なんですよね、ここの部分に関してはね。

 意外かもしれないけれど、いつまでも若々しい人というのは、毎日、変身しまくっているんですよ。

 「あの人って、昔と比べて見た目ほとんど変わらないよね」って言われる人というのは、「変わらない」んじゃなくて、むしろ変わりまくっているんですね。

 昨日と比べて別人のように変わっているの。

 「新しい人」なわけ。

 爽やかフレッシュ・オーラを出しまくっているお蔭で、「変わらな」く見えるだけで、じつは、若い頃と同じじゃないんですよ。どう同じじゃないかっていうと、昔よりむしろパワーアップしているんです!

 つまり、「進化」している、というわけです。

 若くみえるのは、そのためなのですね。

 逆に、老け込んでしまった人というのは、変化に乏しい、マンネリな日々を過ごしていたことになります。

 同じなんですよ、昨日、ひいては昔の、若かりし頃の自分と比べてね。いや、むしろ、「流れ」から取り残されているぶんだけ、「退化」してしまっているのだといえましょう。

 先述したように、自分も進化、周りも進化、みんなが進化、という状態こそが、この世に生きる者にとって最もハッピーな落としどころなわけでしてね、そうじゃなしに、周りは進化、みんなも進化、自分だけが現状維持、みたいな状態に陥ることは、いちばん惨めで、不幸な状況だといえるのです。

 自然環境も、社会も、毎日、ものすごい勢いで変化してゆきます。

 その変わりようは、かなり容赦ないです。片時も待っていてくれません。

 こちらがボヤッ、としているうちに、どんどん先へ進んでいってしまいます。

 かなり意識して前進する態勢を取っていないと、自分という存在は、すぐに置いていかれてしまいます。

 「スカスカな自分」になってしまうのです。

 そうならないためには、日頃から、頭を使うよう努めるのが望ましいでしょう。

 そうすることによって、脳内にシナプスが増え、「もっちもち」になってゆきます。

 パワーアップできるのです。

 新しい自分に変身できるのですね。

 その変化のスピードが速ければ速いほど、気分爽快になれます。

 

 車に乗って移動していると、車内から見える周囲の景色は、どんどん移ろいゆく。

 それは心地良い。

 

 しかし、渋滞に巻き込まれると、変化が停滞します。

 だから、イライラしてくるのです。

 

 移ろいゆく景色こそが、バランスの取れた、美しい世界なのです。

 

 

 **************************************

 

 

 以下の記事も、ご参照いただけると、さらに腑に落ちる感じが得られるでしょう。

 

hirameking.hatenablog.com

 

 

hirameking.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:脳の神経細胞のことです。

*2:ニューロンニューロンの間を結ぶ繋ぎ目の部分をいいます。