読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

絵は人なり、文は人なり

 レオナルド・ダ・ヴィンチ*1は、こう言いました。

 「自然界に❝線❞などというものは存在しない」と。

 無線描法たるスフマート*2は、そうした根拠に基づいて編み出された技法です。

 たしかに、彼が考案したその描画法は、美術史上稀にみる素晴らしい技術であることは、間違いありません。

 しかし、或る意味、これは勿体ないと思います。

 もしも有線描法で描いたなら、画家の実力はそこに如実に表れるものだからです。

 レオナルドほどのぶっちぎりの天才であれば、スフマートで描くよりも、むしろ通常の描き方のほうが、他の画家たちに差をつけることが簡単にできた筈なんですよね。競合相手だらけですからね。

 そういう意味では、やや自らを「ライバルたちに優しい天才」たらしめすぎちゃった感じが否めないですよね。わざわざ差別化を図ってあげたわけですから。

 ちょっと勿体ないかな・・・?

 

 まあ、それはさておき、いずれにせよ、絵は人なり、なのです。

 

 どういうことかといいますとね、1本1本の筆線には、描いた人の人間性や教養、技術力などが現れ出て、たとえごまかそうとしても一切ごまかせない、ということなんです。

 それゆえ、有線描法の世界では、容易に、「絵描き」としての優劣がついてしまいます。

 そこは、究極の格差社会になっているのですね。

 

 文章についても、同様のことがいえると思います。

 

 文は人なり、です。

 

 すなわち、文章には、書いた人の力量がまざまざと現れ出る、ということなのですね。

 知識レベル、教養レベル、表現力のレベルなどが、これでもか、これでもか、っていうくらい、はっきりと、そこに反映されてしまうのです。

 或る意味、こわいですよね。でも、心配には及びません。

 

 努力は、人を裏切りません。

 

 日々、着実に、文章やデッサンの練習を重ねていくのであれば、それに応じた実力は自ずと身に着けることができます。

 頑張っていたか、はたまた、サボっていたかは、ちゃんと結果に現れ出ます。

 

 絵は人なり。

 文は人なり。

 

 こんな面白い勝負もないでしょう。

 

 

 

 

 ⇩私が「線」に拘って描いた作品です。「絵は人なり」になっていますかね?

 

f:id:hirameking:20150609205729j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:ルネサンス期に活躍したイタリアの芸術家、科学者、建築家。運動能力に秀で、かつ絶世の美男子でもあった。心優しき❝万能の天才❞。

*2:薄く引き伸ばした油絵具を、幾重にも塗り重ねていく、まったく新しい絵画技法をいいます。