橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

上昇させる作用、堕落させる作用

 文化と技術は、人間に対して、それぞれ真逆の作用を及ぼします。

 すなわち、技術は、人間を堕落させる方向に作用するけれど、文化は、人間を上昇させる方向に作用するのです。

 ただし、人が人を導き、上昇させることは、容易ではありません。

 それに対し、人をズボラにし、堕落させるのは、たやすい。そのための中心的役割を果たすのが、技術なのであります。

 技術を使ってまで苦しもうとする人はいません。

 

 技術は、手間を省き、ラクしていい想いをするための、道具なのですよ。

 

 したがって、技術にどっぷり浸かっちゃっている人間は、(男に限っていうなら)フェロモンを出せない、ということになります。

 つまり、モテないのです。

 モテるためには、そうじゃなく、文化に馴染みを持つべきであります。

 

 文化に親しむことで、人間は人間らしく、楽しく生きていけるのです。