橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

❝遺産分割❞

 「老化」とは、❝遺産分割❞のようなものです。

 どういうことかといいますとね。

 「若い」ということは、喩えるなら、御先祖様がいて、それが、明治時代からでも江戸時代からでもいいのだけれど、かなり昔から土地を所有しているというような、そんな状態だといってよいでしょう。つまり、広大な山林の所有者である、そのことこそが、「若い」状態というわけなんですね。

 さて、それでね、そうした御先祖様は、やがて家督を子供に譲る時を迎えます。

 すると、今度は子供が親から山林を相続することになります。

 ところが、兄弟がいる場合、山林は分割されて相続されます。兄と弟の2人がいるなら、二分割されるわけですね。

 それで、時が流れ、兄、弟、それぞれが家督を譲る状況を迎えると、それらの土地はさらに分割されていきます。

 そして、孫たちの代から曾孫たちの代へと移ると、さらに土地は細分化されてゆく・・・・・・。

 このようにして、土地がどんどん細分化されていくこと(すなわち❝遺産分割❞が行われていくこと)が、「老化」のアナロジーになっている、と見做すことができるのであります。

 つまり、「老化」するとは、❝シェアする❞ということなのですね。

 何をか?

 水分をです。

 一定量の水分を、たくさんの体細胞にシェアさせることこそが、「老化」なのであります。

 細胞分裂を重ねていくにつれ、水分量が少なくなっていくのです。まるで❝遺産分割❞を重ねるにつれ、水田の面積が小さくなってゆくかのようにね。

 

 若い女の子(男の子)は、肌がぴちぴちしていて、瑞々しい。

 

 なぜなら、体細胞数が少ないため、水分を分割しなくて済むからです。

 ところが、歳を取るにつれて、それの総数が増えてくると、水分は多数の体細胞に分散的にシェアされざるを得ません。

 つまり、体細胞1個1個に割り振られる水分量が少なくなってしまうのです。

 この状態こそが、「老化」なのですね。

 だから、老人の肌はカサカサしていて、皺くちゃになっているのです。

 

 ❝遺産分割❞の結果、そうなったのであります。

 

 そうであるなら、ずっと瑞々しさを保つためには、❝田んぼ❞を分け与えなければいい、ということになりましょう。

 

 要するに、いつまでも現役を続行すればいい、ってことですね。

 

 私が自分のブログを通して申し上げている中身は、いつも一貫しています。

 それは、脳を現役のまま保ちましょう、ということ。

 日頃からよく頭を使いましょう、ということですね。

 

 

 そうすれば、広大な❝水田❞をいつまでも保有し続けることができるのであります。

 

 

 

 

 *************************************

 

 

 

 

 

 併せて、こちらもお読みいただけると嬉しいです。

 

hirameking.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする