読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

成功の確率

 一般論として、人が成功できる確率はどれくらいあるのか、考えてみたいと思います。

 まず、この世には2種類の人間がいます。努力する人と、努力しない人の、2種類ですね。

 この点、努力しない人には絶対、成功することは無理なので、これで全体の半数の人がまず脱落してしまうことになります。つまり、この時点で成功率は50%ということになるのですね。

 

 次に、それらの人たちをさらに、才能のある人と才能の無い人の2種類に分けることができます。

 才能の無い人もやはり、成功することはできません。つまり、自分に向いていない分野に関しては、「才能が無い」ということになるわけだから、その分野では絶対に成功できないのです。

 ここでさらに半数が脱落します。

 よって、この時点で成功率は25%ということになるのです。

 

 しかし、これでもうOKかというと、世の中そんなに甘くありません。

 

 仕事というのは、才能があって努力もしている人でも、10回試みるうち1回くらいしか当たらないんですよね。

 

 したがって、25%のさらに10分の1の確率ということになり、最終的に、人間の成功確率は約2.5%であるという結論になるのであります。

 

 これは、旧司法試験や公認会計士試験などの難関国家資格試験の合格率よりも、遥かに低い数値です。

 

 結構、厳しい現実だといえましょう。

 

 まあ、だからこそ、成功というものは貴いわけですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする