橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

模写してみてビックリ!天才画家・マティスの凄さ

 マティスの絵をいくつか模写しました。

 下書きなしでいきなり、オリャッ、と、クロッキーっぽいやつを描いてみました(下に載せてあります)。

 

 楽しかったです。

 

 彼はやはり、凄い。

 バランスがむちゃくちゃ良いのです。

 絵の中に使用されているパーツに関しては、ちゃんと登場させる意味があって、そこに配置しているんですね。

 じゃあ、その意味とは何か、っていうと、それは「全体と部分との調和」を表現する、ということです。それも相似的に。

 

 それをサラッ、とやってのけてしまっているのが、なんともカッコいいと思います。

 

  私が模写したのが、コレです。⇩

 

 

 

 

 

f:id:hirameking:20150911172237j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirameking:20150911172438j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirameking:20150911173200j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirameking:20150911173333j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirameking:20150911173545j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirameking:20150911172119j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirameking:20150911173446j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirameking:20150911173636j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirameking:20150911173722j:plain

 

 

 

 

 

 

 ****************************************

 

 

 

 

 

 

 とまあ、こんなふうに、(狙って調和を図っているんじゃなく)直感的に描いてみたらバランスが勝手に良くなっていた、みたいなところがマティスには見て取れるのです。

 

 そこが彼の、天才たる所以でありましょう。