橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

人間の独自性

 人生とは「愚かさ」と「賢さ」の間の往復です。

 賢いだけでもいけないし、愚かなだけでもいけません。

 両者の間を行ったり来たりしながら、ちょうどいいバランシングを図っていくよりほかないのですね。

 なぜなら、それが人間の特殊性だからです。

 

 愚かなんだけれど、地球に対するダイナミックな消費・分解活動の担い手でもある・・・そういった、ややこしい存在であるというのが、人間の独自性なのであります。

 

 ここが、他の動植物たちと違うところなのです。

 

 だからこそ、あるときは賢くなり、またあるときは愚かになる、というように、変動が激しいのであります。

 

 神様がそういうふうに設計したのだから仕方ありません。

 

 

 

 

 

 

 ****************************************

 

 

 

 

 

 

 

 併せて、こちらの記事もぜひ、ご参照ください。

 

hirameking.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする