橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

女性と芸術家はなぜ長生きをするのか

 性染色体に関していいますと、女性のほうはXX=2196個の遺伝子、男性のほうはXY=1176個の遺伝子で構成されています。

 

 数からいえば、これはほぼ2倍の差がついているといってよいでしょう。

 

 つまり、体を作る設計図は、女性のほうが男性よりも遥かに複雑かつ精密に描かれている、ということになります。

 

 この点に鑑みると、やはり男性よりも女性のほうが、神様からたくさんのエネルギーを注がれて作られている、と考えて差し支えないでしょう。

 

 だから女性のほうが長生きするのです*1

 

 私たち芸術家は、そういった女性の豊かなエネルギーに触れると、素直にインスパイアされ、そのような真実をごく自然に学ぶことができます。

 

 だから芸術家は長生きする人が多いのです*2

 

 有名なところでいうと、ピカソは92歳まで生きたし、葛飾北斎は90歳、ミケランジェロも90歳まで生きました。

 私の知人の彫刻家の方は、80歳を越えてもなお、現役で活躍していらっしゃいます。

 

 はっきりいって、羨ましいです!

 だって彼らは、その歳まで身近な女性から強烈なパワーを与えてもらっていた、ということになりますからね。

 

 物づくりに打ち込めて、女性と楽しいことができ、そのうえ長生きできるなら、私もぜひそうしたいですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:これはあくまで仮説です。

*2:これはあくまで仮説です。