橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

連続性

 音楽というものも、音と音の「関係性」で成り立っている、と考えられます。

 

 これなくして音楽は成り立ち得ませんよね。

 

 そして、途中で演奏を中断してしてしまったら、音楽もその時点で停止してしまいますよね。

 

 ということは、音楽も、「連続性」のなかでしか存在し得ないものであるということになりましょう。

 

 まるで「意識」とか「思考」とか「感情」といったものが「連続性」のなかでしか存立できなかったのと同様に、音楽もまた、「連続性」のなかに存在する以外にないのであります。

 

 こういう事例って、他にもいろいろあると思います。

 

 「お笑い」だってそうです。前振りがあって、オチがある、というように、「連続性」のなかで成り立っていて、途中で中断してしまったら何もかもが停止・消滅してしまいます。まるで、時速60キロ以上で常に泳ぎ続けないと死んでしまうマグロのようにね。

 

 そう考えてきますとね、「人生」というものもまた、「連続性」のなかに存在していることがみえてくるでありましょう。

 

 したがって、人生を有意義に、楽しく過ごす秘訣は、途中で気を緩めないこと、それこそが肝要である、ということになるのであります。

 

 何かに成功したとしても、それに溺れることなく、間髪入れずに次の目標に向けて始動する!

 

 そうすることで、自分の人生に「連続性」を、より顕著なかたちで持たせることができるのであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする