読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

ミュージック・コラージュ

 今夜はクリスマス。何かそれに因んだ話題はないものだろうかと、あれこれ思案してみたものの、とくにこれといったものは浮かび上がってきませんでした。

 

 じゃあ部屋で音楽でも聴いてみるか、そのうち何かを閃くこともあるだろ、ってことで、CDをたくさんプレイしまくっていたら(ユー・チューブ含む)、また新たな遊びを思いつきましたので、ご紹介いたします。

 

 

 その名も、「ミュージック・コラージュ」。

 略して、「Mコラ」。

 

 

  これはもしかすると、紛らわしいネーミングかもしれません。一見すると、まるで音楽と音楽とを同時に組み合わせるというか、同時に演奏するかのような印象も見受けられる*1のだけれど、そうではありません。

 

 これは、音楽と映像との間で、イメージ的な繋がり・コラボレーションを見出して楽しむための試みです。

 

 2通りのパターンがあって、1つは、音楽➔映像のケースであり、もう1つは、映像➔音楽のケースです。

 

 どっちも、ありなのですけれど、それらを楽しむためには、じつは或ることが必要とされます。

 じゃあ、その「或ること」とは一体、何かといいますとね。

 

 

 それは、「何かを感じるということ」です。

 

 

 たとえば、映像を眺めたときに、そこから何らかのイメージを感じ取る、ということなんですね。

 それで、その感じたイメージに合致するようなCDの楽曲を選び、プレイしてみるのです。

 逆のパターンもあります。CD(もしくはユー・チューブ)で曲を流しているとき、そこから何らかのイメージを感じ取り、それに合致するような映像(写真やグラビアなど)を眺めてみる。

 

 そうすることで、なんだか自分の感性が磨かれていくような、エキサイティングな気持ちに浸ることができる、というわけなんですね。

 

 

 これ、けっこうハマりますよ!

 

 

 今夜は、クリスマス。幸いなことに、それに因んだ映像や楽曲は、たくさんあります。ネタには困りません。

 

 たとえば、サンタさんのコスチュームで身を包み、その画像をアップしている女優さんたちやアイドルの方々が、いっぱいいたりします。

 

 それで、そういった写真を眺めれば、クリスマス・ソングを思い浮かべるのは簡単だと思います。だって、そのまんまですからね。

 

 だから、ここは、敢えて別路線へ行ってみるのもいいんじゃないかと。

 

 

 まるで天使のように美しい彼女たちの映像から、そっちじゃないほうへ行く。

 

 

 看護婦さんとか(笑)。

 

 

 あっ、だから、TVドラマ『ナースのお仕事』って昔ありましたけれど、それのオープニング曲とか、けっこう、いいんじゃないでしょうか。

 

 

 気だるそうな、甘ったるいウィスパー・ボイスで、ダバダバ・スキャット

 

 

 最高すぎて涙出てきちゃいます!

 

 

 なんか、天使➔看護婦さん➔ダバダバ、って、オシャレ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 併せて、こちらの記事もお読みいただけると、嬉しいです。

 

hirameking.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:そっちはそっちで、マッシュ・アップというやり方があるらしいです。