橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

【画像サイズの変更のお知らせ】

 割とどうでもいいことですけれど、当ブログの過去記事に投稿した画像(肖像画)のサイズを小さくしたので、お知らせします。

 

 いままで私は、JPEGファイルをはてなブログさんのフォームに投稿するだけで画像をきれいに載せられるものとばかり思っていました。

 

 ところが、パソコンで自分のブログ記事を見てみたら、なんだか知らないけれど画像が巨大化してしまっていたのでした(スマホ画面でなら適正サイズになっているのに)。

 

 私が描いた肖像画は、ブログにアップするものに限っていえば、はがきサイズの小さい作品が多いのだけれど、はてなブログさんのフォームに投稿すると、なぜかパソコン画面に収まりきらないほどの巨大サイズになってしまっていたのです(スクロールすることでしか作品の全体像を見れない、ということになります)。

 

 これは私にとって大きな問題です(べつに、はてなブログさんには責任は無いですよ)。

 なぜなら、私の目指しているアート・フォームとは真逆の方向へ行くものだからなんですね、作品のサイズを実物よりも拡大して載せてしまうことはね。

 過去記事でも触れましたけれど、魅力的な絵を形づくるために最も重要な要素は、画素と画素の間を有機的に結び付けうる「空間的有機性」であると私は考えています。

 

 詳しくはこちらをご参照ください。

hirameking.hatenablog.com

 

 ところが、画像を実物大よりも拡大してしまうなら、そうした有機的な繋がりが切断されてしまい、絵画に備わるパワーを殺してしまうことになるのです。

 

 要するに、「メリハリ」が飛んじゃうんですよ。

 

 せっかく緻密に描き上げた作品なのに、「メリハリ」が飛んじゃったのでは、何の意味もありません。

 

 「メリハリ」の喪失がいかに勿体ないことであるかは、女性の方ならお判りになるでありましょう。

  喩えるなら、髪の毛を茶髪にして、顔にそれと同じ色のガングロ・メイクを施すみたいな、そんな感じですね。

 

 「メリハリ」が飛んじゃうは必定、みたいな(笑)。

 

 

 「メリハリ」って、無いよりは有るほうが全然いいんですよね。

 

 

 そこで、今回、ブログに載せた画像のサイズについての変更方法がないものかと、検索してみたら、一発解決でした。そういう解説記事がありました。

 

 でも、そんなことも知らないほど私はパソコン初心者だった、ということでもありますね。

 

 一昨年からですのでね、始めたのがね。

 

 ❝ミスター・アナログ❞って呼ばれていたという噂もあります。かどうかはわかりませんけど(笑)。

 

 いずれにせよ、画像サイズの変更方法が判り、お蔭様で、それを修正することができました。

 

 よかったです。

 

 

 修正後の作品は、こちらに載せてありますので、よろしければお目をお通しください。

 

hirameking.hatenablog.com

 

 

hirameking.hatenablog.com

 

 

hirameking.hatenablog.com