橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

哲学の目的

 哲学の目的とは、一体、何なのでしょう。

 

 思うに、それは、あくまでも「真理探究」、「問題解決」にあるんじゃないでしょうか。

 

 しかし、哲学者のなかには、そういう問題解決のための哲学とか真理探究のための哲学といったものに取り組むのではなく、パフォーマンスのための哲学に奔っている人がわりと多いような気が、私にはしてしまいます。

 

 要するに、哲学とはなんか面白いことをいう学問、なんか珍奇なことを言って人々を驚かせる学問である、みたいな誤解を与えてしまうおそれもあるように映るんですよね、私からみますとね。

 

 だから、そういう人たちの哲学はあまりにも非現実的であり、必ずしも社会にとって貢献に繋がらなかったり、人類の英知にもなりえなかったりする、と見做さざるを得ませんね。

 

 残念ですけれどね。

 

 やはり、「真理探究」という面にフォーカスを当てるのがいちばん楽しいし、やりがいもあり、社会にも貢献できるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする