読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

女の顔は請求書です

 大物ジャーナリストの故・大宅壮一さんは、男性については「男の顔は履歴書である」との鑑識眼のモデルを示し、一方で、女性に対しては、次のように評したそうです(一説によると、それは彼のお弟子さんの表した言葉であるともいわれています)。

 

 

 女の顔は請求書である、と。

 

 

 その意味するところは、言葉には出さずとも、無言のアピールが、その表情からは容易に読み取れる・・・そういうようなケースを指している、ってことなのだと思います。

 

 おそらくは、大体、次のような感じなんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・・ねえ、わたしのこと、どう思ってるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 言いなさいよ、はっきりと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 好きなんでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・・ねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうよね?・・・・・・・・・ほら、言いなさいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 言いなさいよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほら!、ほら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「愛している」って言いなさいよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「・・・・・・・・・・・・・。」

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで黙ってんのよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 ****************************************

 

 

 

 

 

 

 

 いや、女性の皆さん、申し訳ありません(笑)。

 

 あまりにもたくさんの「請求書」が目の前にドッサリと山積みされると、男はついつい、黙り込んでしまうものなのです。

 

 あい、すみません。

 

 ですが、ご安心ください。

 

 もしも、お互いが相手のことを、❝運命の人❞である、と認識し合っているのであれば、おそらくは上述したようなパターンにはならないだろうと考えられます。

 

 たぶん、女性が、「好きなんでしょ?・・・返事は?・・・❝ハイ❞は?」、って(顏ぶりだけで)訊いたなら、こうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「・・・・・・ハイッ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みたいな(笑)。

 

 

 

 

 

 ストレートやなぁ~!、っていうね(笑)。

 

 

 

 彼はきっと、請求金額の通りの愛情をペイするんじゃないでしょうかね!

 

 

 

 

 わかりませんけど(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

 

 

 

 併せて、こちらの記事もぜひ、ご参照ください。

 

hirameking.hatenablog.com