読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

揺るぎない信頼感

 人と人との関係(とくにパートナーとの絆)において、強固な信頼関係を築き上げるために必要なことは、一体、何でありましょうか?

 

 思い浮かぶことを幾つか列挙していきたいと思います。

 

 

 それではみなさん、よろしくっ・・・お願い、致します!(小田切千さん風に)

 

 

 

 1.(心を)すっぴんにする

 

 この世は、一元論的な、時計仕掛けの枠組みで出来ていて、その内部を構成する各パーツ(個々の面々)は、それぞれ個性と役割を与えられ、それを全うしようと努力することで幸せを感じられるように、作られています。

 その仕事はその者に固有のものであり、他者に肩代わりさせることは許されません。

 

 ここから、個々の運命のシナリオが発生してゆきます。

 

 そうなってくると、それぞれの個性の間には、その時その時の組み合わせによって、「相性」というものが生まれてくることになります。

 すなわち、それの良い者同士は引き合うことになり、それの悪い者同士は反発し合うことになるのです。

 

 そうした「相性」は、個人の精神的成熟度が高いか低いかによって左右されます。

 

 したがって、自分の愛する人との間で強い結び付きを作りたいなら、予め、「心のレベル」をUPさせるための努力をしておかねばならないことになるのですね。

 

 心にまつわる様々な「しがらみ」を除去・浄化し、素直でシンプルな心を作り上げておくのが、理想でありましょう。

 

 つまり、心をできるだけ❝すっぴん❞に近づけておくことこそが、望ましいということなのであります。

 

 スピリチュアルの分野では、極限まで心のレベルを高めた者同士は、「ツインソウル」と呼ばれる運命の相手と結びつく*1とされているらしいです。

 

 まあ、私は唯物論的な立場に立っているので、できるだけ観念論(スピリチュアリズム)の言葉を使わずに、科学の用語でそうしたメカニズムを把握しようと努めていますけれどね。

 

 2.(顏を)すっぴんにする

 

 まあ、これはねぇ・・・。あんまりもともとの造形をデコレートしすぎるのも、不信感の原因につなが・・・・・・いや、このへんにしておきましょうかね。

 

 3.レスポンスを早くする

 

 相手が発した何らかのメッセージに対しては、❝クイック・レスポンス❞が原則です。

 

 ビジネスの現場とかでもそうですよね。迅速な応答は、それだけで互いの信頼関係構築のために役立ちます。

 

 ましてや、自分の伴侶ともいうべき大切な人との関係においては、なおさらそうした要素が求められるでありましょう。

 

 遅すぎる反応は、それだけで不信感を抱かせることにもなりかねませんから。

 

 

 

 

 

 

*****************************************

 

 

 

 とまあ、こんなような感じで、お互いに「誠意」を示し合うことで、徐々に絆が強まっていき、両者の間にはやがて、揺るぎない信頼感、一体感、連帯感のようなものが、生まれてくるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きててよかったぁぁぁぁーーーー!」

 

 

 ・・・・って、なれるといいですよね、お互いにね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:ただし、そうしたパートナーと出会える人は滅多におらず、確率的には、高く見積もって0.0005%程度であろう、といわれているそうです。

広告を非表示にする