橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

“非利き腕アート”

 3年ほど前から、私は、利き腕チェンジを試みてきました。


 もともと右利きなんですけれど、或る時、左利きになってみようかな、と思い立ちまして、それからというもの、毎日意識して左腕・左手を使うようにしてきたのですね。

 たとえば、左手でお箸を持つようにしたり、左手で文字を書いたりと、積極的にサウスポーになるための練習を積んできたわけです。


 なぜ、わざわざそのようなことをしたかといいますとね。

 一つには、新しい自分に生まれ変わるためです。
 万物は流転します。宇宙も、銀河も、星も、社会も、他人も自分も、すべてが、刻一刻と、移り変わります。
 ゆえに、そうした変化の流れにうまく同調することで、人は幸せに生きることができるようになります。
 常に、意識して、新しいチャレンジを試みていれば、それに対応したシナプスが脳内に新設されるので、周辺環境の変化についていけるし、頭の中を若々しく保つことができ、その結果として、昨日とは違う、フレッシュな自分になれるのであります。

 私もそろそろ人生の中盤に差し掛かってきたところなので、何かこう、今までとは違う自分を新たに育て上げるというか、鍛え上げるというような、そんな刺激的なアクションを始めてみたくなったのですね。

 ってなわけで、サウスポー・ライフを始めてみるのも一興かなと、そんなふうに、まあ、思い立った次第であります。
 それがまず、1つ目の理由です、ハイ。


 次に、2つ目として、右脳の活性化が挙げられます。
 人間の身体は、大別して右半身と左半身とに分けられるのだけれど、それらを動かしたときに生じる情報は、電気信号に変換され、神経を通じて脳へと送られる仕組みになっています。
 この点、不思議なことに、左右がクロスするようにして情報が送られる構造になっているのですね。すなわち、右半身からの情報は左脳へ伝えられ、左半身からの情報は右脳へ伝えられるシステムになっているわけです。面白いですよね。


 さて、それでね。私たち美術家は、新しい作品づくりのために、いつも頭の中で、自由かつ豊かなイメージを練り上げ続けなければなりません。
 そういった作業は、右脳の管轄下で行われます。
 したがって、右脳を活性化させて美術家らしいパフォーマンスを継続していくためには、左腕・左手を積極的に動かす必要がある、と考えたわけです。
 私が“なんちゃってサウスポー”にシフトしようとした2つ目の理由は、まさにその点に基づいているのですね。

 さらに、3つ目として、次のような理由が挙げられます。


 世界のアート・シーンにおけるまったく新しい美術様式として、“非利き腕アート”なるものをアピールしてみるのも面白いんじゃなかろうかと、私が思い着いたから。

 これなんですよね。

 どういうことかっていいますとね。私は本来、右利きであると申しましたよね。だから、不慣れな左手で絵を描いてみたらどうなるんだろう、と或る時思ったのですね。
 ひょっとしたら、まるで幼い子供が描いたみたいな、稚拙なんだけれど素直で自由な、のびのびとしたタッチの絵が描けるかもしれない、或るいは、あたかも狂気の人が描いたみたいな、鬼気迫るというか、通常の感覚では得られないような、特殊な筆致の絵が描けるかもしれない、と私は思ったわけですね。


 早速、描いてみましたよ、喜び勇んでね。

 その結果どうなったか?


















 普通でした。






 フツーにそこそこ上手い(笑)。



 とんだ期待外れに終わりました(笑)。



 それで、上手いといっても、やっぱり、右のほうが圧倒的に上手くて比べものにならないわけですよ。


 すると、不思議なんだけれど、左が右に嫉妬するんですよ(笑)。どっちも同じ自分なのに(笑)。


 変な感覚でしたね。





 まあ、それでも、3年もやっていると、けっこう馴染んできますよね。


 いまじゃ、食事に関しては、完全に不自由のないレベルになりました。硬めの揚げ物とかでも、箸だけで切り分けられますから(笑)。


 でも、絵と文章については、特別に気合いが入っているときにだけやるに止めているのが現状ですね。
 仕事やライフワークではスピードも求められるから、ちんたらやっているわけにもいきませんし。


 それゆえ、私はいま、小説原稿(手書き)の推敲作業をしているのだけれど、そっちはしっかり右でやっております(笑)。


 黒猫のシーンはもう書き終えたんですけれど、仮に左手で「黒猫」と書くのだとしたら、やっぱり大変じゃないですか(笑)。



 関係ないですけれど、先日、また路上で黒猫と会いましてですね、呼んだんですよ、そしたら、寄ってきてくれました(笑)。






 “黒猫に警戒されない自分づくり”(笑)。