橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

❝運命の人❞

 この世は、「時計仕掛けの有機体」です。

 

 ゆえに、各構成員相互の結びつきは、まったくの無制限というわけではなく、相性の良い者同士でのみ繋がり合うという、「相性社会」の体をなしています。

 

 物質と電磁波の相互作用は、そこから必然的に派生してくる、この世界を代表する最も基礎的な自然法則であります。

 それは、元素ごとに作用する光の波長が異なっている、というものであり、そこで最も注目すべき点は、その相互作用における当事者の組み合わせは、すでに相手が誰であるかが決まっている、ということです。

 

 たとえば、原子核を取り巻くこの殻からこの殻へと電子が遷移する場合はこの電磁波が出て、あの殻からあの殻ならあの電磁波、その殻からその殻ならその電磁波・・・というふうに、パートナーは既に決まっているのであって、別の者に切り替わることはない、という法則が、この世にはあるのですね。

 

 

 

 つまり、物質も電磁波も、相互作用するうえで絶対に浮気しない、ということがはっきりしているのです。

 

 

 

 さて、それでね。ピンッ、ときたものがありましてですね、それは何かといいますとね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ❝運命の人❞について、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私の場合、どうやら、それは・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  メリークリスマス!

 

 

 

 

 

 

 

 

 ****************************************

 

 

 いやあ~、ちょっと時間過ぎちゃいましたね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする