橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

芸能の神様


f:id:hirameking:20170421234112j:image


 どうも。いつもお世話様です。

 

 久しぶりのブログですね。

 2ヶ月間ほど更新していなかったにもかかわらず、その間も、以前と変わらぬ、いや、それ以上のアクセスをいただいているらしく、なんか、もう、奇跡的な感じがしますね(無名の個人が運営するブログとしてはね)。

 

 ありがとうございます。

 

 さて、私はこの春、いくつか映画を観てきました。

 そのうちの一つが、話題作・『ハルチカ』です。

 新宿に観に行ったので、上映開始時刻の前に、(時間潰しのために)近くの芸能浅間神社に参拝してきました。

 そこで芸能の神様に、或る方の芸能的安泰をご祈願してきました。

 

 その“或る方”というのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 橋本順一くんです!

 

 

 

 

 

 嘘です!

 

 別の人ですよ、もちろん。

 

 

 

 さて、それはいいとして、映画のほうなんですけれどね、爽やかで、絵的に美しく、詩的情緒を思い起こさせるような、素敵な作品でした。

 

 劇中のオリジナル曲もまた、カッコよかったです。

 『座頭市』みたいでした。

 

 会場は、若い女の子(たぶん中高生)で埋め尽くされていました。

 男性客は私も含めて3人だけでした(私は一人で訪れました)。しかも私、チケットを買うとき、いちばん壁際の席を選んでしまったんですよ。

 

 で、なぜか、その劇場のその席(会場の右端)に面する通路が無い・・・そんな造りになっていたのですね。つまり、そこからいちばん遠い席(会場の左端)に面した通路から入り、着席済みの女の子たちの波を掻き分けるようにして、壁際まで進んでいくしかないわけです。

 

 あ、すいません、みたいな(笑)。

 

 座敷タイプの居酒屋で飲み会をやったときにありがちな、例の、あ、すいません、みたいな(笑)。そんな感じ。

 

 ま、楽勝ッスよ!

 

 

 

 あと、別の日に、『PとJK』も観てきました。

 

 “結婚から始まる恋”みたいな、そんな話。

 

 ふつう逆じゃないですか。ふたりが出会って、恋人関係になり、一定の交際期間を経て、結婚、っていう。

 

 でもこれは逆のパターンだったので、新鮮でした。

 

 まあ、だけど、事前の予想と違ってましたけれどね。すなわち、女性側が結婚をせっつく話なのかなって思っていたのだけれど、そうじゃありませんでしたね。

 

 原作が少女漫画だということを考慮し忘れていました(笑)。

 

 大人の男がJKに結婚をせっつくほうが、(異論もあるだろうけれど)いいんでしょうね、最終的にはね(笑)。

 

 

 

 
f:id:hirameking:20170422005118j:image

キャンディーの包装紙。