橋本順一の哲学

芸術、科学、哲学、政治、経済、健康、恋愛、娯楽など、様々な分野において、思いついたことを綴る「ひらめきエッセイ」です。

銃と統治機構

 アメリカは、「小さい政府」だといわれていますよね。すなわち、議会などの立法府、警察などの行政府における成員数が少ないタイプの統治システムに基づいた国家である、ということですね。

 

 さて、それでね。

 思うんですけれどね。

 アメリカは、銃社会ですよね。なぜ銃社会なのかというと、それはたぶん、政府を「小さ」くしたぶん、支配力が弱まり、それを銃という(パーソナルな)武力で肩代わりしているから、そうなっているものと考えられます。

 日本は、銃社会じゃありませんよね。でも、「行政国家現象」と呼ばれているくらい、行政権の比重が大きい社会ですよね。いってみりゃ、「大きい政府」ですよね。

 「大きい政府」だからこそ、国民一人ひとりが銃を持たなくて済んでいる、ともいえるんじゃないでしょうか。

 

 しかし、だからといって、それは喜ばしいことではないんですよね。

 国民相互の信頼関係が乏しいがゆえに、「大きい政府」の統治力・支配力に頼らざるをえない状況になってしまっている、とも考えられるからです。

 

 形こそ違え、アメリカも事情は同じです。

 

 人と人とが、信じ合っていない。

 

 だから、懐に銃を隠し持っている。

 

 それで、その銃にガードさせているぶんだけ、政府の負担が軽くなっているため、「小さい政府」で済んでいると思うんですよ。ただそれだけの話でしょう。

 

 

 でも、そうはいっても、「大きい政府」よりは「小さい政府」のほうが、まだ、ましなのです。

 

 政府なんてのは、小さいに越したことはないんです。

 大きい必要なんて、更々ありません。

 

 だから、国会議員の数も、公務員の数も、どんどん減らしてしまったほうが、(ホントは)いいんです(国会議員および公務員の皆さん、すみません)。

 

 

 はっきり言いますけれど、それらはもともと、あまり必要ないものなのですよ。  

 

 もちろん、銃も必要ありません。

 

 

 

 必要なのは、「信じる力」です。

 

 

 

 人と人とが信じ合える世の中こそが、真の平和な社会だと呼べるのです。

 

 

 戦争を放棄する平和憲法こそが人類の模範ともいうべき理想の形であり、世界の未来だといえるのに、それをわざわざ改正する(改悪する)ような動きになっちゃっているなら、世も末でありましょう。

 

 

 憲法は、いまのままでいい。

 

 

 憲法を変えるよりも、まずは本当のことを知ったほうがいい。

 

 

 

 

 いまの世の中(資本主義社会)が、いかに複雑であるかということを。

 

 

 

 

 そして、人と人とが信じ合えないのは、その複雑さのせいなんだ、ということを。

 

 

 

 

 

 それに関するテーマについては、今後また、別記事にて、詳しく述べてまいります。